あそびをせんとや


2001.02.27 公開
2018.01.23 更新

ちょっと珍しいパズル・ゲーム・ブロックなどを紹介するページです。


ひとこと




1月23日(火) シルバー菱形による穴あき多面体(その3)

 Folded Strips of Rhombuses and a Plea for the √2:1 Rhombus(Tom Verhoeff and Koos Verhoeff, 2013)という論文に載っていた、対角線比が1:√2の菱形、いわゆる「シルバー菱形」だけで構成される穴空き多面体の話の第3回目です。

 24枚の菱形の面を持つので、帯を編む手法で作れるだろうとは思うのです。下の再掲図は、2015年3月1日のひとことから何回かにわたってご紹介した、多面体トーラスのペーパーモデルです。

再掲図

 今回のかたちはこれとは違いますが(上記は四角柱がベースです)、手法としては同じ方法を適用することはできそうです。でも、この方法だと組むのが大変なので、今回は、「のりしろ」を用意して組み立てるペーパーモデルの手法とユニットを組む方法のハイブリッドな手法を考えてみました。接着しないで組み立てる方法の最大のメリットは、パーツどうしの相対位置関係を組んだ後に微調整できることです。接着してしまうとそれができないため、誤差が蓄積して最後にはきれいに整わない場合があるのです。

 3つのパーツを組む設計にしてみました。菱形3つがV字型に連結した面は、1つのパーツだけで構成して、途中に切れ目が入らないようにしようと思いました。それぞれのパーツは接着可として、3つのパーツを組むときは接着しない、という設計方針にしました。

図 1

 図1がパーツの設計図です。水色が表に出るV字型の面、ピンクがトーラスの内側の面、白は隣のパーツの内側に隠れる面です。表に出る面は全部で菱形24枚分なので、パーツ1つあたり8個分になります。

 まずはパーツ1つを組み立ててみました。3か所接着します。凸でない構造の場合、どことどこを接着すればよいのかが難しいです。設計図を描いているとき、「のりしろ」の位置や角度を考えていると混乱してきます。「まあ試作して間違っていたらのりしろを切り落とせばいいし」と開き直って作っています。

図 2 図 3

 3つを組んで、最後に飛び出した部分を収める直前の写真です。

図 4

 今回はそれぞれの菱形のかたちがわかるように、わりとはっきりとした線を印刷しました。

(つづく)



 昨日は特急で出張に行きました。駅の電光掲示板の「スーパーあずさ」と「あずさ」の車両のイラストが可愛かったので、つい写真を撮りました。「スーパーあずさ」のほうは現行のE351系、「あずさ」のほうは(昔は「新型あずさ」と呼ばれた時代もありました)E257系です。

図 5

 12両編成の一番後ろに近い、11号車の進行右手の窓側の席でした。たぶん長坂駅の手前あたりだったと思うのですが、下の地図のあたりで、私は現行のE351系に乗っていたのですが、反対側から下りの特急の新型のE353系とすれ違いました。

図 6

 上り列車は地図の東側(右側)を南に向かって走ります。すれ違う下り列車は地図の西側(左側)を北に向かって走ります。上り列車は右カーブなので、右側の最後尾に座った私には、自分の乗った列車の1号車から8号車くらいまでがよく見えるのです。そこに、ちょっと線路が離れて敷設された下り線に新型のE353系が走ってきたので、「うわー、すごい」と思いました。

 現行のE351系は3月で完全に引退してしまうので、貴重なチャンスでした。後から考えると写真を撮ればよかったかなあと思いました。

<おまけのひとこと>
 昨日はなんとか帰ることができました。行きの特急では隣の職場の人が同じ車両でした。「帰り、心配ですね」と言ったら、彼はこれから海外出張だそうで「あ、日帰りですか、お気をつけて」と言われてしまいました。いやいや、あなたのほうが大変ですから、と思いました。






1月24日(水) シルバー菱形による穴あき多面体(その4)

 Folded Strips of Rhombuses and a Plea for the √2:1 Rhombus(Tom Verhoeff and Koos Verhoeff, 2013)という論文に載っていた、対角線比が1:√2の菱形、いわゆる「シルバー菱形」だけで構成される穴空き多面体の話の第4回目です。

 まずは昨日の完成写真をご覧ください。

図 1 図 2

 図1は斜めに見下ろした視点、図2は内側の6つの菱形がかろうじて見える視点から見てみたところです。

 低い視点からも見てみました(図3)。

図 3

 こうしてみると、内側の6面はまさに菱形十二面体の側面の6つの面そのものだということがわかります。

菱形十二面体

 これは、こんなパーツを「編む」ことで作ることができます。(2002年4月14日のひとことより)

再掲図

 紙の厚さを考慮して、ほんの少し小さい菱形で型紙を設計して作ってみました。

図 4

 さてこの菱形十二面体をリング多面体の穴の中にすっぽり入れると、全体としてはどんなかたちになるでしょうか?

(つづく)



 亡父から譲り受けたセイコーのシルバーウェーブという腕時計を愛用しています。先週、秒針が2秒ずつ進む状態になっているのに気が付きました。電池がなくなってきているようです。最寄り駅の近くの時計・メガネのお店に持って行って電池交換してもらいました。10分もかからずにやってもらえました。税込800円でした。ありがとうございました。

<おまけのひとこと>
 菱形十二面体の画像やパーツの図はgoogleで自分のサイトを検索して見つけました。自分の2002年のページを久しぶりに見たら、保育園の保護者会の作業の話が書いてありました。こうやって書き続けていてよかったなあと思います。たまには昔の自分のページを読み返してみようかと思いました。でも、いわゆる「回収していない伏線」「(つづく)と書いてつづきを書いていない話題」がいろいろありそうです。うーむ。






1月25日(木) アルテ

 先週末の買い物のとき本屋さんに寄ったのですが、そこで「アルテ」というマンガの6巻と7巻を買いました。

 これはルネサンス時代のイタリアが舞台で、貴族出身の女性である主人公のアルテが、女性でありながら画家を目指すというストーリーです。昔読んだ少女マンガの大和和紀の「ヨコハマ物語」とか「はいからさんが通る」とかを連想します。それよりももっと重たいトピックスがたくさん出てきますが…

 マンガは今やものすごい数が出版されていて、なかなか店頭では手に入りません。みんな通販や電子書籍の購入が当たり前の時代なのですね。私は、本屋さんに置かれている1話か2話程度試し読みができる小冊子を見たり、webで「1巻無料」とか言って公開されているデータを見たり、ブックオフとかで中身をちょっと読んでみたりして、気に入ったものがあればできるだけ新品を街の本屋さんで購入するようにしています。



 先週末(1/20,1/21)はいろいろ買い物をしました。妻がお財布が傷んできたので探しに行ったのですが、例によってなぜか妻のお財布ではなく私の上着を買って帰りました。私の衣類の買い物は時間をかけないので、見て、気に入って、試着してOKなら即決です。あ、もちろん予算内なのが大前提です。「気に入って」の理由の1つが「予算内であること」です。

<おまけのひとこと>
 今日は本当に「ひとこと」だけの更新です。




前回の「ひとこと」へ⇒


Contents

過去の「表紙のひとこと」

 事実上のメインコンテンツです。過去の「表紙のひとこと」へのリンクの表を表紙に載せていましたが、2008年1月から、別ページのみにしました。

古楽の楽譜のページnew!

 ホームページ領域がオーバーフローしたのに伴って、家族の領域まで進出させてもらうことにしました。この機会に自作の楽譜のページを新設することにしました。なんと無謀にも英語だけのページにしてみました。(需要はなさそうです。)

 ノード(Naudot,J.C)のフルートソナタト長調の通奏低音をリアライズした楽譜を追加しました。(2018年1月20日)


その他のContents

 あまり更新していません…

あそびのコラム

 (2015.01.03 更新)  Updated 

 サッカーしょうぎを追加。約10年ぶりに「あそびのコラム」を追加しました。「サッカーしょうぎ」のルールと実戦例の解説です。



あそびのページ

 (2002.04.29 更新:六面(仮)ボード追加)

 このページでは、JAVAによるパズルやゲームをいくつかと、ちょっと珍しい(と私が思っている)ブロックなどを紹介します。
 JAVAのパズルのほうは「Flip It パズル」・「UFOパズル」と「Posit」というゲームがメインで、そのほかに何種類かゲームやパズルを載せています。興味がある方がいらしたら、一部ソースコード等も公開してゆこうと思っていますのでお問い合わせください。
 ブロックの方はとりあえず写真でご紹介しています。こちらは画像中心です。


  • リコーダーのMIDIのページ  (2002.01.02 更新)
     バッハのフーガを1曲と、ヘンデルを3曲追加。

  • JAVAによる遊べるページ(画像をクリックしてください)
    キングと悪魔のパズルのページ (2005.11.29 更新)  new

    このパズルに関しては、このサイトの中の2003年12月15日のひとことから数日にわたってご紹介していたのですが、2005年11月29日のひとことで、キングの側のアルゴリズムを強化したのに伴って、ここに載せることにしました。
    カラーキューブ カラーキューブパズルのページ (2004.06.16 更新)

    カラーキューブパズル、という色をあわせるタイプのパズルをJavaアプレットにしてみました。このパズルに関しては、このサイトの中の2004年6月2日のひとことから数日にわたってご紹介しています。あわせてご覧下さい。
    将棋パズル2 将棋パズル2のページ (2003.01.27 更新)

    将棋の駒を使ったパズルを作りました。駒の動きについての説明はありません。ごめんなさい。将棋パズル1に関しては、このサイトの中の2003年1月19日のひとことのあたりに10問ほど用意してありますのでご覧ください。
    エントロピー エントロピーのページ (2002.01.16 更新)

     エントロピーという二人で遊ぶゲームのゲーム盤を作りました。ルールは簡単なのですが、  言葉だけで説明するとちょっとわかりにくいので、このゲーム盤をお試しください。
    flipit  Flip It Puzzleのページ (2001.10.06 更新)

     Flip It というパズルを載せました。問題集に問題を20問と、研究用に駒を自由に配置してプレイできるFlip It ボードを用意しました。お試しください。
    Posit  Positのページ (2001.03.18 更新)

     「ポジット」という二人ゲームを紹介します。ルールを体験していただくため、JAVAアプレットのプログラムを用意しました。とても弱いプログラムですが、ルールを理解していただく手助けにはなるかと思います。ぜひプレイしてみてください。

     ハンディキャップをつけるため、様々な状態からプレイをはじめられるように改造してみました。プログラムが弱すぎてつまらない方、いくつか「問題」を追加しましたのでお楽しみください。
    game-puzzle その他のゲーム・パズル集 (2002.04.29 更新)  new

     スライドパズルやサウンドパズル、2人で遊ぶゲームをパズルとして遊ぶものなどを置いてあります。お楽しみください。
     六面(仮)ボードを追加しました。



  • ブロックなどを紹介するページ  (2001.05.08 更新)
     "3D Geo Shapes", "BoYon Golo", "K'nex", "体感ブロック", "フレームキューブ" といった、ちょっと珍しいブロックを紹介します。新たに"Sternmosaik"を追加しました。
     Sternmosaikのページに、印刷して切って試せる型紙を載せました。

  • その他

    ○ あそびをせんとや・分室  (2002.07.21 作成)
     無料のホームページスペースを借りて、サイズの大きい画像ファイルなどを載せています。
    ○ このページおよび作者について  (2007.11.18 更新)
     ここはページ公開直後の状態のまま手付かずだったので、久々に修正しました。
    ○ リンク集  (2010.04.11 更新)  Updated
     実に8年ぶりくらいに大幅に見直しました。

     リンクはどのページへもご自由にどうぞ。ページの構成はかわる可能性があります。 asobi.gif(リンクバナー画像)

    ご意見、ご感想をお寄せください。
    mailto:hhase@po10.lcv.ne.jp
    2001-2017 hhase