あそびをせんとや


2001.02.27 公開
2017.03.21 更新

ちょっと珍しいパズル・ゲーム・ブロックなどを紹介するページです。


ひとこと




3月21日(火)このかたちは何でしょう?

 お彼岸の連休中は思い立って久々に毎朝このページを更新していました。でも今日からは週末のまとめての更新のペースに戻ります。



 先日、ふと思いついてこんなCGを作りました。

図 1 図 2

 図1は稜線だけのモデル、図2は面を張ったモデルです。同じかたちです。これ、どんなかたちだと思いますか?

(つづく)

<おまけのひとこと>
 3月20日(月)の夕方に、3/21〜3/24の平日4日分の更新の仕込みをしています。明日3/21の朝にサーバに転送する予定です。






3月22日(水)お墓参りの話

 今日はごくごくプライベートな話です。お彼岸に、いつもの自分の家のお墓に加えて、母方の祖父のお墓と祖母のお墓にお参りをしました。

図 1 図 2

 図1,図2は祖父のお墓です。この写真のサイズだとほとんど読み取れませんが、「昭和十九年七月三十日没」「享年三十八歳」と刻まれています。祖父は私が生まれる二十年以上前、太平洋戦争のさなかに病没しました。母がまだ六歳の時だったそうです。

図 3

 図3に長野県の地図を載せます。(県境を緑色でなぞってみました。) 県の東、上田市から群馬県に抜ける「鳥居峠」という峠があります。そのあたりを赤い四角で囲ってみました。

図 4

 図3の赤い四角のあたりを拡大したのが図4の地図です。ちょうど地名が3つだけ載っています。東(地図の右)から「鳥居峠」「渋沢(しぶさわ)」「大日向(おおひなた)」です。いずれも全国によくある地名だと思います。地図には赤い道路が描かれていますが、左下が上田市に至る道、左上が菅平(人が住んでいるところでは本州で一番低い気温が計測されたりするところです)に至る道、右が群馬県です。左上に菅平ダムのダム湖が見えています。

 私の祖父母と幼少時の母は、この「渋沢」の集落に暮らしていたそうで、祖父のお墓もそこにありました。鳥居峠は、十年前に亡くなった私の父が健在だったころ、山菜取りやキノコ採りによく行っていたところで、この道も子供の頃から車で何度通ったかわかりませんが、ここに母方の祖父のお墓があるということを、自分が五十歳を過ぎて初めて知りました。

 余談ですが、母は「渋沢」を先頭の「し」だけ高く後の「ぶさわ」が低いイントネーションで発音します。ちょうど「しいたけ」と同じイントネーションです。「渋沢」という人名や地名は、普通は「あけぼの」と同じく先頭だけ低くて後は高いイントネーションで発音するように思います。私は昔から馴染んでいるのですが、妻は少し珍しがっていました。

 祖母が亡くなったのが昭和四十七年ですから、もう45年前になります。母も長いことこのお墓に来たことがなかったそうで、今回はお参りができてよかったと思いました。

 母が通っていた小学校は大日向の分教場だったそうで、最初は渋沢から歩いて通っていたそうです。だいたい4kmくらい距離があって、同じ集落の子供たちがみんなで一緒に登下校していて、いろいろ寄り道や道草をしながら通っていたそうです。アケビやグミ、桑の実なんかを取って食べたりしたそうです。特に帰りは2時間くらいかけて帰っていたそうです。

図 5

 調べてみると徒歩48分と出ました。(ちなみに図3と図4は国土地理院の地図で、図5はgoogle mapです。国土地理院の地図のほうがはるかに好みです。本当はもっと拡大した地図を載せたかったのですが、サイズが大きくなってしまうので断念しました。)

 祖母は明治の生まれで、一男四女の兄弟の三女だったのですが、四姉妹とも松本の女子師範学校を卒業して先生をしていました。祖父が亡くなって数か月後の翌年度から大日向の分教場に赴任して、定年退職するまでずっとそこで先生をしていたそうです。そのタイミングで祖母と母は渋沢を出て大日向に住むことになり、以降、母が東京の大学に行っていた期間を除いて、母が父と結婚するまで、ずっと大日向に住んでいたのだそうです。

 母が高校生のころは、大日向からバスで15分で真田に出て、そこから当時の上田電鉄真田線で40分かけて上田市内の高校に通っていたそうです。大学のころは上田駅から急行列車で上野まで6時間かかったそうで、「移動は一日がかり」だったとのこと。今や上田から上野までは新幹線で70分くらいです。

 今回初めてそういった話をいろいろ母から聞くことができました。今ではほとんど行き来がなくなってしまいましたが、私が幼いころ、まだ祖母が健在だったころは真田町の長(おさ)地区や大日向地区、渋沢地区に母や祖母に連れられてご挨拶に行ったことなどを記憶しています。今更ながら昔の祖父母の苦労を知ることができました。

<おまけのひとこと>
 歳を取ると自分のルーツや歴史に興味が出てくると言いますが、まさに自分もそうなってきています。「今日のひとこと」は、自分のためだけに書いているようなものですが、将来自分の子供たちがここを見ることがあるかもしれないなあ、(でもないかもしれないなあ)と思っています。






3月23日(木)正三角形を「尖らせた」かたち

 通常の話題に戻ります。2003年2月に、こんなモデルをご紹介したことがありました。

 (昔は画像が小さいです。)これは、図1のように、通常の正三角形(赤線)の各辺の中点を中心に同じだけ近づけて、凸でない六角形を作って、それを組んだものでした。

図 1

 同じことを正四面体でやってみようと思ったのです。考え方として、面の中心をくぼませるやり方と、稜の中点を動かすやり方があるなあと思いました。面の中心をくぼませると、各面は3枚の鈍角二等辺三角形になります。これは計算は簡単ですが、面白味がないかなあと思って、稜の中点を動かすことを考えてみました。

 そうすると各面は凧形になるはずです。CGを作ったり、あわよくば紙で模型を作ってみるために、凧形の寸法を計算してみることにしました。最近物忘れの激しい私は、将来の自分のためにメモをそのまま図にしておくことにしました。画像のサイズが大きくてすみません。

図 2

 適当に図を描くとわかりにくいなあと思ってCGにしてみましたが、やっぱりあんまりわかりやすくないです(図3)。

 

図 3

 図2のように座標系を設定して、図4のように計算しました。

図 4

 どうやら計算できました。計算が正しいか、PovRayのpolygonオブジェクトで面を張ってみて確かめてみました(図5)。

図 5

 指定した4点が同一平面上にないと、polygonオブジェクトは生成されません。ちゃんと白い面が張られているところを見ると、計算は正しいようです。

(つづく)

<おまけのひとこと>
 2017年度は9月の23日、24日にリスーピアのワークショップを担当させていただくことになりました。予算の関係で新しい教材は難しいかも、と言われているのですが、何か新しいものを用意したいなあと考えています。






3月24日(金)正四面体を「尖らせた」かたち(その1)

 さて、パラメータで表現できたので、尖り具合をいろいろ変えたCGを作ってみました。

図 1 図 2

 合同な凧形が十二枚の凧形十二面体です。なんとなくテトラポッドみたいで面白いです。

(つづく)

<おまけのひとこと>
 これ、模型を作ってみたくなりました。それについてはまた後日。 




前回の「ひとこと」へ⇒


Contents

過去の「表紙のひとこと」

 事実上のメインコンテンツです。過去の「表紙のひとこと」へのリンクの表を表紙に載せていましたが、2008年1月から、別ページのみにしました。

古楽の楽譜のページnew!

 ホームページ領域がオーバーフローしたのに伴って、家族の領域まで進出させてもらうことにしました。この機会に自作の楽譜のページを新設することにしました。なんと無謀にも英語だけのページにしてみました。(需要はなさそうです。)

「あそびをせんとや」の栞というページを、兵庫教育大学濱中先生に作っていただきました。ありがとうございました。


その他のContents

 あまり更新していません…

あそびのコラム

 (2015.01.03 更新)  Updated 

 サッカーしょうぎを追加。約10年ぶりに「あそびのコラム」を追加しました。「サッカーしょうぎ」のルールと実戦例の解説です。



あそびのページ

 (2002.04.29 更新:六面(仮)ボード追加)

 このページでは、JAVAによるパズルやゲームをいくつかと、ちょっと珍しい(と私が思っている)ブロックなどを紹介します。
 JAVAのパズルのほうは「Flip It パズル」・「UFOパズル」と「Posit」というゲームがメインで、そのほかに何種類かゲームやパズルを載せています。興味がある方がいらしたら、一部ソースコード等も公開してゆこうと思っていますのでお問い合わせください。
 ブロックの方はとりあえず写真でご紹介しています。こちらは画像中心です。


  • リコーダーのMIDIのページ  (2002.01.02 更新)
     バッハのフーガを1曲と、ヘンデルを3曲追加。

  • JAVAによる遊べるページ(画像をクリックしてください)
    キングと悪魔のパズルのページ (2005.11.29 更新)  new

    このパズルに関しては、このサイトの中の2003年12月15日のひとことから数日にわたってご紹介していたのですが、2005年11月29日のひとことで、キングの側のアルゴリズムを強化したのに伴って、ここに載せることにしました。
    カラーキューブ カラーキューブパズルのページ (2004.06.16 更新)

    カラーキューブパズル、という色をあわせるタイプのパズルをJavaアプレットにしてみました。このパズルに関しては、このサイトの中の2004年6月2日のひとことから数日にわたってご紹介しています。あわせてご覧下さい。
    将棋パズル2 将棋パズル2のページ (2003.01.27 更新)

    将棋の駒を使ったパズルを作りました。駒の動きについての説明はありません。ごめんなさい。将棋パズル1に関しては、このサイトの中の2003年1月19日のひとことのあたりに10問ほど用意してありますのでご覧ください。
    エントロピー エントロピーのページ (2002.01.16 更新)

     エントロピーという二人で遊ぶゲームのゲーム盤を作りました。ルールは簡単なのですが、  言葉だけで説明するとちょっとわかりにくいので、このゲーム盤をお試しください。
    flipit  Flip It Puzzleのページ (2001.10.06 更新)

     Flip It というパズルを載せました。問題集に問題を20問と、研究用に駒を自由に配置してプレイできるFlip It ボードを用意しました。お試しください。
    Posit  Positのページ (2001.03.18 更新)

     「ポジット」という二人ゲームを紹介します。ルールを体験していただくため、JAVAアプレットのプログラムを用意しました。とても弱いプログラムですが、ルールを理解していただく手助けにはなるかと思います。ぜひプレイしてみてください。

     ハンディキャップをつけるため、様々な状態からプレイをはじめられるように改造してみました。プログラムが弱すぎてつまらない方、いくつか「問題」を追加しましたのでお楽しみください。
    game-puzzle その他のゲーム・パズル集 (2002.04.29 更新)  new

     スライドパズルやサウンドパズル、2人で遊ぶゲームをパズルとして遊ぶものなどを置いてあります。お楽しみください。
     六面(仮)ボードを追加しました。



  • ブロックなどを紹介するページ  (2001.05.08 更新)
     "3D Geo Shapes", "BoYon Golo", "K'nex", "体感ブロック", "フレームキューブ" といった、ちょっと珍しいブロックを紹介します。新たに"Sternmosaik"を追加しました。
     Sternmosaikのページに、印刷して切って試せる型紙を載せました。

  • その他

    ○ あそびをせんとや・分室  (2002.07.21 作成)
     無料のホームページスペースを借りて、サイズの大きい画像ファイルなどを載せています。
    ○ このページおよび作者について  (2007.11.18 更新)
     ここはページ公開直後の状態のまま手付かずだったので、久々に修正しました。
    ○ リンク集  (2010.04.11 更新)  Updated
     実に8年ぶりくらいに大幅に見直しました。

     リンクはどのページへもご自由にどうぞ。ページの構成はかわる可能性があります。 asobi.gif(リンクバナー画像)

    ご意見、ご感想をお寄せください。
    mailto:hhase@po10.lcv.ne.jp
    2001-2016 hhase