あそびをせんとや


2001.02.27 公開
2019.03.21 更新

ちょっと珍しいパズル・ゲーム・ブロックなどを紹介するページです。


ひとこと



3月21日(木) バッハのヴァイオリンソナタをフルートで(その1)

 先週末、3/16(土)、3/17(日)は大村さんの「ロックする五角錐」の話をご紹介しましたが、もともと週末の話題として用意していた、音楽の話を書きます。興味がない方、ごめんなさい。



 最近、モダンフルート(普通の金属製の、キーがたくさんついた銀色のフルート)を吹いています。バロックフルート(トラヴェルソ)ももちろん吹いていますが、モダンフルート、3オクターブ目がようやく使えるようになってきたのと、トラヴェルソにはない、最低音のCやC♯があることで、できる曲が広がるのが楽しいのです。

 モダンフルートは、東京で就職して3年になる娘が小学校のころから習っていたのですが、東京では演奏する機会がないようで、楽器がずっと自宅に置かれています。これを私が借りて、最近吹きまくっているのです。

 フルートで演奏できる良い曲はたくさんあります。でも、ピアノやヴァイオリンに比べると、フルートのために書かれたオリジナルの名曲というのは実はあまり多くなくて、バロック時代と近代フランスのもの以外は目ぼしいオリジナル曲が見当たらないのです。

 バロック時代のころから、ヴァイオリンの曲をフルートで演奏するということはよく行われていたようで、当時出版されていた楽譜にも、「フルートまたはオーボエまたはヴァイオリンのためのソナタ」などと表記されているものがたくさんあります。これは、そのほうが楽譜がたくさん売れるから、という事情もあったようです。

 バッハのヴァイオリンソナタ(無伴奏ではなくて鍵盤楽器と一緒に演奏するほう)をリコーダーで演奏できるように書き換えた楽譜を持っています(図1)。1985年ころに買ったものだと思います。

図 1

 バッハのヴァイオリンソナタ6曲のうち、4曲が収められています。いずれもリコーダーでの演奏を考慮して、少し高い調に移調されています。リコーダーは2オクターブ+1音の音域しかありませんが、ヴァイオリンは3オクターブ以上楽々出せる楽器なので、どうしても無理があります。

 この楽譜をモダンフルートで吹いてみると、リコーダーよりも音域が上下に余裕があるため、もともとのヴァイオリンソナタの音型で演奏できる部分が増えるのです。本来、やむを得ず1オクターブ上げていた部分を戻して演奏してみています(図2)。

図 2

 パート譜に「この区間は下げる」という印を書き込んでいます。どの部分を下げるのかは、原曲のヴァイオリンソナタの楽譜を見ながら確認しています。

図 3

 実はヴァイオリンを弾けないのに、なぜか楽譜だけは持っているのです。3曲ずつ、2冊になっています。私が持っている版は昭和48年(1973年)の初版、950円です。

図 4

 おそらく神保町の古賀書店で1985年ころに買ったのだと思います。定価は2冊で1,900円ですが、買値はそれより高かったかもしれません。昔は本や楽譜やレコードやCDなど、いつどこでどうして買ったのかをよく覚えていたのですが、最近はだいぶ忘れてしまいました。でも楽器は値段も高いですし、おいそれと新しく買えないので、いつどうやって買ったのかをよく覚えています。

(つづく)

<おまけのひとこと>
 昨夜は、3月末で定年退職される方と転職される方の内輪の送別会があって、参加をしてきました。このお二人は、2010年4月1日付で私が社内で異動になったときに一緒に同じ職場に配属された方で、一緒に歓迎会をやっていただいたというご縁があった方々でした。その後、私がまだ管理職をやっていたころに私の職場に所属をされたりした時期もありました。

 このところ、お世話になった方、ご縁があった方、いろいろと頼りにしていた方が退職されたり転職されたりすることが増えてきました。




前回の「ひとこと」へ⇒


Contents

過去の「表紙のひとこと」

 事実上のメインコンテンツです。過去の「表紙のひとこと」へのリンクの表を表紙に載せていましたが、2008年1月から、別ページのみにしました。

古楽の楽譜のページnew!

 ホームページ領域がオーバーフローしたのに伴って、家族の領域まで進出させてもらうことにしました。この機会に自作の楽譜のページを新設することにしました。なんと無謀にも英語だけのページにしてみました。(需要はなさそうです。)

 ノード(Naudot,J.C)のフルートソナタト長調の通奏低音をリアライズした楽譜を追加しました。(2018年1月20日)


その他のContents

 あまり更新していません…

あそびのコラム

 (2015.01.03 更新)  Updated 

 サッカーしょうぎを追加。約10年ぶりに「あそびのコラム」を追加しました。「サッカーしょうぎ」のルールと実戦例の解説です。



あそびのページ

 (2002.04.29 更新:六面(仮)ボード追加)

 このページでは、JAVAによるパズルやゲームをいくつかと、ちょっと珍しい(と私が思っている)ブロックなどを紹介します。
 JAVAのパズルのほうは「Flip It パズル」・「UFOパズル」と「Posit」というゲームがメインで、そのほかに何種類かゲームやパズルを載せています。興味がある方がいらしたら、一部ソースコード等も公開してゆこうと思っていますのでお問い合わせください。
 ブロックの方はとりあえず写真でご紹介しています。こちらは画像中心です。


  • リコーダーのMIDIのページ  (2002.01.02 更新)
     バッハのフーガを1曲と、ヘンデルを3曲追加。

  • JAVAによる遊べるページ(画像をクリックしてください)
    キングと悪魔のパズルのページ (2005.11.29 更新)  new

    このパズルに関しては、このサイトの中の2003年12月15日のひとことから数日にわたってご紹介していたのですが、2005年11月29日のひとことで、キングの側のアルゴリズムを強化したのに伴って、ここに載せることにしました。
    カラーキューブ カラーキューブパズルのページ (2004.06.16 更新)

    カラーキューブパズル、という色をあわせるタイプのパズルをJavaアプレットにしてみました。このパズルに関しては、このサイトの中の2004年6月2日のひとことから数日にわたってご紹介しています。あわせてご覧下さい。
    将棋パズル2 将棋パズル2のページ (2003.01.27 更新)

    将棋の駒を使ったパズルを作りました。駒の動きについての説明はありません。ごめんなさい。将棋パズル1に関しては、このサイトの中の2003年1月19日のひとことのあたりに10問ほど用意してありますのでご覧ください。
    エントロピー エントロピーのページ (2002.01.16 更新)

     エントロピーという二人で遊ぶゲームのゲーム盤を作りました。ルールは簡単なのですが、  言葉だけで説明するとちょっとわかりにくいので、このゲーム盤をお試しください。
    flipit  Flip It Puzzleのページ (2001.10.06 更新)

     Flip It というパズルを載せました。問題集に問題を20問と、研究用に駒を自由に配置してプレイできるFlip It ボードを用意しました。お試しください。
    Posit  Positのページ (2001.03.18 更新)

     「ポジット」という二人ゲームを紹介します。ルールを体験していただくため、JAVAアプレットのプログラムを用意しました。とても弱いプログラムですが、ルールを理解していただく手助けにはなるかと思います。ぜひプレイしてみてください。

     ハンディキャップをつけるため、様々な状態からプレイをはじめられるように改造してみました。プログラムが弱すぎてつまらない方、いくつか「問題」を追加しましたのでお楽しみください。
    game-puzzle その他のゲーム・パズル集 (2002.04.29 更新)  new

     スライドパズルやサウンドパズル、2人で遊ぶゲームをパズルとして遊ぶものなどを置いてあります。お楽しみください。
     六面(仮)ボードを追加しました。



  • ブロックなどを紹介するページ  (2001.05.08 更新)
     "3D Geo Shapes", "BoYon Golo", "K'nex", "体感ブロック", "フレームキューブ" といった、ちょっと珍しいブロックを紹介します。新たに"Sternmosaik"を追加しました。
     Sternmosaikのページに、印刷して切って試せる型紙を載せました。

  • その他

    ○ あそびをせんとや・分室  (2002.07.21 作成)
     無料のホームページスペースを借りて、サイズの大きい画像ファイルなどを載せています。
    ○ このページおよび作者について  (2007.11.18 更新)
     ここはページ公開直後の状態のまま手付かずだったので、久々に修正しました。
    ○ リンク集  (2010.04.11 更新)  Updated
     実に8年ぶりくらいに大幅に見直しました。

     リンクはどのページへもご自由にどうぞ。ページの構成はかわる可能性があります。 asobi.gif(リンクバナー画像)

    ご意見、ご感想をお寄せください。
    mailto:hhase@po10.lcv.ne.jp
    2001-2019 hhase