諏訪中央病院看護専門学校の魅力

教育への取り組み

トップページ > 教育への取り組み

教育課程

教育課程

看護に必要な豊かな人間性を考え、判断し、看護を行えることを目指し、一年次より講義と演習を組み合わせ実践力が身につくように、カリキュラムを構成しています。臨地実習では看護教員がグループごとに専属で付き添い指導を行うことにより、講義と実習のつながりが理解しやすく、学生も充実感のある学びが得られます。

基礎分野

科学的なものの見方や看護の対象と環境の関係を自然・社会・文化から理解し、人間を幅広く理解できるようにする。

専門基礎分野

人間の身体と構造及び疾患について、看護につながるように学習する。
地域社会での生活と、保健医療福祉の実際と課題を学習することにより地域社会へ視野が広がるようにする。

専門分野I

対象についての基礎的な看護概念を学び、専門知識に基づき、安全・安楽で言葉を使った意図的な基礎看護技術を習得する。臨地実習において自己の技術を実施することにより、看護実践に必要な技術レベルがわかる。

専門分野I

対象の各成長発達段階を学び、発達段階ごとの生活・看護を理解したうえで、問題解決の演習を行う。臨地実習は、看護技術を応用することにより、対象に適した実践的な援助技術を学習する。

総合分野

これまでに学習してきた知識・技術の統合を確認し、学生の看護観を構築していく。
地域で生活する対象の健康問題を科学的にとらえ、対象のニーズに沿った看護を考えられ、看護師のメンバーシップ、リーダーシップについて理解する。臨地実習において、チーム医療・複数受け持ちを経験し、より臨床現場に近い看護実践を経験する。在宅看護実習では終末期にある対象の看護を経験する。

学校評価表こちらから

授業科目及び単位・時間数

授業科目及び単位・時間数

このページの上に戻る

講義・演習・実習

基礎分野の講義は、鎌田先生をはじめ人間性豊かな講師により人間理解の視野が広がります。専門基礎の技術演習では、全教員による少人数グループ指導を行われ、個々の技術が確実に向上します。各専門看護学は、担当の専任教員により、知識・技術の特徴から実習までつながるよう学習できます。実習は諏訪中央病院において、同じように学んできた先輩たちに見守られアドバイスをもらい、自分の成長が実感できます。

講義・演習・実習の様子

このページの上に戻る

BLS認定研修

BLSとはBasic Life Supportの略語です。日本語では一次救命処置という意味です。
目の前に倒れている人がいた時、その方の命を救うための活動のことです。
意識、呼吸、脈拍の有無を確認し、必要ならば、他の人の助けを求め、人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)をし、AED(自動体外式除細動器)を使用し救命のための活動をします。

BLS認定研修の様子

このページの上に戻る

各教員の教育方針

小海副学校長の教育観

 母性看護の実習は、若い学生にとって未経験な事ばかりで、苦手意識を持つ学生も多い。
受け持ち産婦さんが決まって挨拶に行くと「緊張して何を話したらいいかわからない」と不安を口にする学生に対して「あなたが、今できる精一杯のことをすればいいですよ」と返す。学生はおそるおそる陣痛に苦しむ産婦さんの部屋に入っていく。お産が進んでいる様子で、産婦さんの苦しそうな声が漏れ聞こえてくる。そのうち学生は、氷を持ちに来たり、湯タンポを変えに来たりと頻繁に出入りするが、教員には見向きもしないで産婦さんのもとへ急ぐ。いよいよ出産という場面では、産婦と一緒に声を合わせ、励ましている。無事に赤ちゃんが生まれると、涙を流しながら、産婦さんを祝福し、ねぎらいの言葉をかける。産婦さんから「あなたがいてくれてよかった。ありがとう」と言われ、学生の顔は笑顔で輝いていた。
  受け持ちの許可は頂いたが、出産場面の立ち合いは断られた男子学生がいた。彼はひとり分娩室の外で、産婦さんの苦しそうな声に合わせ、拳を握りしめながら「がんばれ、がんばれ」と声にならない声で応援している。やがて元気な産声が響き渡ると、待機していたご家族の手をとり「おめでとうございます!」と目を潤ませながら、何度も何度も声をかけた。ご家族も「ありがとう、おかげさまです」と笑顔で答えてくれていた。
  自分の出産体験に良い思い出がないという、ママさん学生は「今、自分が考えられることをみんなやってあげたいです」と言って産婦さんを受け持った。出産が終わった後、彼女は高揚した顔で「今、自分ができる精一杯の事ができました。自分もお産をもう一度やり直せたような気がします。早く帰って子どもを抱きしめたくなりました」と言った。
  どんな時でも「今、自分ができる精一杯」をやる。やれる内容は学生によって質も量も違う。しかし、結果は必ず返ってくる。そしてその結果をばねに、学生は人間としても成長していく。その成長を見守り、支えていくことが私たちの大切な仕事だと思っている。

このページの上に戻る