お米の栽培            Top

あきたこまち」と、高冷地の標高1000mで作るに適した「ゆめしなの」2種類を栽培しています
「ゆめしなの」(宅配、直売用)については、有機質肥料を使用した栽培も行なっています。

私の米つくりへの思い     我が家の農機具


年間の作業                                                 

写真をクリックすると大きい写真で見られます

ベジコちゃん   マット入れ
代かき

刈り取り


検査



栽培方法・使用農薬について                                      

■栽培方法  普通栽培と有機質肥料栽培をしています

 普通栽培  肥料は通常の「化成肥料」を使用
農薬は「種子消毒」と「除草剤」を通常の下限の使用量を使用


化学肥料を使った減農薬栽培です
 有機質肥料栽培  肥料は有機質のみ使用。
                  
米ヌカ、菜種粕などの有機質肥料に、秋にはワラを刻んでいれています。
農薬は「種子消毒」と「除草剤」を通常の下限の使用量を使用
。  

有機質肥料を使った減農薬栽培です                  


■使用農薬について

田植えをしてからは、基本的には農薬は使っていません

 標高1000mで作っているため、夏でも涼しい風がふき病害虫の発生が非常に少ないです。
  そのため、田植えをしてからは農薬を使うことはほとんどありません。
 むしろ、「苗半作」と言われるぐらい(苗がうまくできれば半分は成功)ですから、育苗に神経を使っています。
 育苗の段階では農薬を使用していますが、田植えをしてからは、基本的には農薬を使っていません。


ゆめしなの農薬履歴(5月下旬時点)

分類 用途 農薬名 使用方法・使用量 散布回数
@種子消毒 殺菌 スポルタックスターナSE
500倍液で48時間浸種処理
A培土消毒 殺菌
(ムレ防止・立ち枯れ病)

タチガレエース液剤

1000倍液を箱0.7-1L
B本田消毒
(ゆめしなの
殺虫 パダン粒剤4
箱50-60g散布
田植え時に、同時散布
C本田除草 除草
半蔵1キロ粒剤
又は銀河粒剤
田植え時に同時散布
合計 4回

※各薬剤をクリックすると薬剤のページにジャンプします。

※田植え以後の薬剤散布は、イモチ病の発生が見られる場合にのみ必要箇所に散布しています。

    
   @種子消毒              A培土消毒 B殺虫剤・除草剤
(苗の前面にセット)

                 

昨年度のまとめ                                            


過去の「各年度のまとめ」

2016年new!
今年から品種が5種類となり各々の特性を考えながら田植え、稲刈りの順番を決めるのですが、
昨年の反省から少しは整理できてきました。
あきたこまちの収量がなかなか基準の収量に届かず、昨年よりよくなったとはいえ
まだまだ課題が多い年でした。
出荷の方法が、フレコンに変わり大変楽になり機械力に助けれました。


2015年
「ゆめしなの」は平年並みでしたが、あきたこまちは例年の半分ぐらいの収量となり
がっかりでした。
天候以外に、我が家の栽培・管理方法にも問題がありました。
また、初めて作った「もちこめ」は、刈り取りを最後にしたので取り遅れになり
着色米がでてしまいました。
来年は、刈り取りの順番が課題です。


2014年
2月の大雪で、水稲に使うビニールハウスが全壊しました。
すぐに自分たちで再建を始めましたが最後の1棟の資材が届くのが遅れ、結局、間に合わず育苗が
遅れました。
さらに8月末の天候が悪かったので、ここ最近にない悪い収量のうえ、単価が過去最安値となり
経済的にさらに厳しくなりました。


2013年

多収の限界ぎりぎりに肥料を増やしたのが、かってよくない結果となり収量がかなり減りました。
さらに、米単価が下がり大幅な収入減となり経済的に苦しい年になりました。


2012年
収量が大幅に増え米単価も上って、うれしい年でした。
又、直売所担当の長女、それ以外の直売と「ゆめしなの」の広報をかねてイベント企画、出店をしている
次女たちの売上もようやく成果がみのりはじめて、売上が伸びてきました。

2011年
昨年ほどの暑さもなく、大きな気温の変化も少なかったおかげで、まずますの収穫量でした。
しかし3月に発生した東北大地震や福島の原発の影響で、食料の自給・安全ということが見直され
今まで当たり前と思った米作りの姿勢を改めて考えさせられました。
「ゆめしなの」の新米の販売も苗作りの段階から、考えて栽培した結果、9月中旬から、
皆さんにお届けできました。
食味のほうも、いろんな方から「おいしかった」と言われる、励みとなりました。(4.13)


2010年

年々暖冬が進んでいますが、今年の夏は異常なほどに暑かったです。
その影響もあって、予想以上に収穫量が少なく、がっくりでした。
ただ、全国的に「1等米」が少ない中、水管理を小まめにしたおかげで、
1等米で出荷できたことは、うれしかったです。(3.31)

2009年
7.8月の長雨と低温、日照不足など天候が悪かったことにつきます。
収量は、満足ではないがまあまあだったが、食味のほうは、よかったとは言えない。
その中でも、有機質栽培のゆめしなのは、収量を落として食味重視の作り方をしたのがうまくいって、
美味しくできました。


2008年
天候も概ねよかったせいか、予定通りの収穫量でした。
稲刈りを例年より早く始めたせいか、食味には問題ないですが「緑米」がいつもより多い収穫となりました。

2007年
「いもち病」の発生で大幅な収穫量の減少となり、がっくりでした

2006年 
平成17年は予想外の冷害?で収穫量が減りました、そして等級も下げてしまいました。反省の多い年でした。
収穫量などの一覧がまとまりましたので見られるようにしました。
平成18年度収量一覧です
(html)
18年収量(アクロバット形式)

今年度の予定                                              


2017年new!
栽培面積は、21haで、ここ7年ぐらいは面積に大きな変動はないです。
大きな作業は、かなりお婿さんに移行していくだろうと思います。
不便な場所にある田んぼは返して、なるべく作業しやすいようにまとめようと思います。

2016年
「もちこめ」は、今年から3年契約で栽培を続けることになりました。
田ん圃を返してほしいという人も出てきて、栽培面積は少し減り21.5ha
となりました。



2015年

今年から、「もちこめ」を作ることになりました。
米作りを減らしていきたい人から、13枚ほど田んぼを頼まれて3町歩増えました。
全部で、23ha栽培します。



2014年

今年からお婿さんも一緒に仕事をすることになりました。
その矢先、2月15日には記録的な大雪となり、米の育苗ハウスがほとんどつぶれました。


「ゆめしなの」の販売が、順調なので昨年の倍にしました。
あきたこまち15ha、ゆめしなの6haです。

,

2013年
昨年よりさらに「ゆめしなの」の面積を増やしました。
有機質米の方は、来年はもう1枚増やす予定ですが、今年は昨年と同じ面積なので不足が見えています。
調整が遅れました。
種もみの準備の前後で、増えたり返して欲しいと変更が続きました。
ぎりぎりまで、悩んでいる様子をその向こうに感じました。
育苗場所が昨年同様、限界ですので、栽培方法を変えて栽培面積がわずかに増えました。(5.18)


2012年

「ゆめしなの」の普通栽培米は、昨年、かなり面積を増やしましたので、今年は十分あるかと思いますが、
有機質米のほうは、不足でしたので、今年度は増やす予定でいます。
また、育苗場所が、今のところ限界状態ですので全体の面積は、大幅な面積の増加はありません。
しかし、春直前まで委託の連絡があり、農家の高齢化を感じました。
「ゆめしなの」が4.18ha「あきたこまち」が17.89haで約22haです。(4.15)

2011年
「あきたこまち」が17.5ha「ゆめしなの」が3.2haで約20.7haになりました。
ここ2年、「ゆめしなの」の収量が少なく皆様にご迷惑をおかけしていましたので面積を増やしました。
古代米の方は、今までの面積と変わりありません。(3.31)

2010年
「ゆめしなの」が2.5ha「あきたこまち」が16.5haで約19haになりました。
「ゆめしなの」の普通栽培米も、去年の有機質栽培米の実績から反当りの収量を減らす方向で、
味をより一層引き出す
栽培方法に変えて行きたいと思っています。


2009年

3月にはいってから急に頼まれたりして昨年より少し作付け面積が増え約18haになりました。
「ゆめしなの」が約2.5ha、「あきたこまち」が15.5haです。
古代米のほうは、黒米の栽培面積を増やします。


2008年
かねてから探していた希望の古代米の「赤米」の種子が入手でき、栽培をすることになりました。
今年の作付け面積は、大幅に増えて16.8haになりました。

2007年
今年はまた作付け面積が増え13Ha程になりました。
「ゆめしなの」は2Ha、「あきたこまち」は11Haほどになります。
周囲の農家も高齢化で作付けが難しくなって作業委託ではなく小作してほしいという農家が増えてきました。
できる限り引き受けるつもりで頑張っていきたいと思います。
昨年度は天候などの影響で、一部で無農薬に挑戦しましたが思うようになりませんでしたので、
今年は減農薬で挑戦します。

2006年
今年はまた作付け面積が増えました(1.2ha程)。
合計で12haほどになります。又、直売や有機肥料栽培も需要が増えた分増やします。
有機肥料栽培については殺虫剤の使用を止め有機物の資材で代用できるか試験をする予定です。
除草剤についても使わずに行けると面白いのですが検討中です。



 問い合わせ                                                    
                   
           
  〒391-0102 長野県諏訪郡原村689  宮坂 吉記
                   (tel 0266-79-4144 fax0266-79-4921)

                    
問い合せ先  myfarm@po8.lcv.ne.jp