河童文学館

河童は水陸両棲、顔は虎に似て口とが
り、
背には甲羅、頭が凹んでいて水が容
れられる。腕は左右が貫通しており、伸
縮自在。人馬の肝を盗るかと思えば、魚
を届け、血止め薬の秘伝を授ける。その
行いには善悪両義が見られる。
芥川龍之介『河童』は、人間社会とは逆
の河童の国を書いて、観念の転倒など寓
意に富む。
小説の舞台である上高地南流の梓川の
せせらぎ、熊笹のそよぐ音が、ここにも聴
こえてくる。
私にとって河童とは、詩歌の扉を開ける
マスターキー。このマスターキーを多くの
方々に差し上げたい。扉を開いていただき
たいと思う。。
     「ようこそ 河童文学館へ」

現代詩
連句
旧席
コラム
妖怪連句
かっぱ句会
かっぱ写真館
御触書&横顔
リンク集
俳 席
俳句
楽楽連句
エッセー
ギンちゃん日記

更新2016・08・26