《八ヶ岳だより》

 地域だより(信濃毎日新聞等から)
 梅雨が明けると、信州に本格的な夏の季節が訪れます。
 まばゆい光の中で、咲き乱れる花、緑豊かな自然あふれる
 信州に訪ねに来ませんか。
 
 1、ひまわり咲く高原(北杜市)

   60万本のヒマワリ咲く畑が高原を吹き抜ける風と青い山
   素晴らしい眺望を背景に広がるヒマワリ畑、夏の絶景が
   広がる。南アルプスや富士山などの山々を背景に咲いて
   いる。見頃は:7月下旬から8月下旬
 2,井戸尻史跡公園のはす(富士見町)
   約3000年前の移籍から出土した種を、蓮博士と呼ばれ
   た大賀博士が発芽させた、貴重な「大賀ハス」の花を楽し
   むことができます。
   見頃は:7月下旬まで
 3,弘長寺の紫陽花(松本市)
   紫陽花は梅雨がよく似合う。雨に当たっている紫陽花は特
   に生き生きとして美しい、1000株の紫陽花が目を楽し
   ませてくれる。
   見頃は:7月中旬
 

 入笠山・湿原だより
  季節ごとに山野草が咲き変わる湿原。特に5月から8月にかけて咲く花が多く、この時期
  はカラフル。湿原内は木道が整備されていて、トレッキングがてら山野草を楽しむことが
  できる。湿原から標高1955bの入笠山山頂までは60分、頂上に立てば360度のパノ
  ラマが広がり山頂からは、八ヶ岳連峰、富士山、北アルプス、中央アルプスが広がる。
  
     

       コスモス街道(佐久市)

     

   そば打ち(富士見町)

   マツムシソウ(昨年)

 

 

   入笠山山頂(昨年)

    

交通アクセス

利用案内

トップに戻る