本文へスキップ

野球を通じて心身の錬磨とスポーツマンシップを理解させる BOYS LEAGUE

活動報告report

(公益財団法人)日本少年野球連盟 通称:ボーイズリーグ

活動報告写真

日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)は2005年5月、文部科学省より財団法人の資格を授与され、正式名称が財団法人日本少年野球連盟に変わりました。これは永年の頑張りが評価されたもので、当連盟では2005年を再出発の年と位置付け、さらなる飛躍を目指しています。財団法人日本少年野球連盟のスタートは1970年。最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで全国40支部、小・中学生の部併せて約677チームの大きな組織に発展しました。ボーイズリーグは創立以来、野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ、活発な活動を展開しています。そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催する他、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地区大会は年間100大会にも及んでいます。


(公益財団法人)日本少年野球連盟 長野県支部支部長挨拶

活動報告写真

当支部は平成21年6月に(財)日本少年野球連盟より支部として正式に承認されました。長野県は日本の屋根と呼ばれる雄大な山々に囲まれ、自然も豊かな地であります。又、長野県は南北220kmと長く、8県との境を接しており、これからは他支部との皆様との交流も益々深めていきたいと存じます。
野球についても非常に盛んな県ではございますが、ボーイズリーグについてはまだまだ知名度が低いのが現状でございます。
この度の支部設立を機に知名度アップを図るべく、困難にも、地に足をつけ、じっくりと取り組み、道を開いていきたいと考えております。そのためには、「地域の皆様に信頼され、愛される支部、チーム」でなければならないと考えております。
「ボーイズリーグで野球をしたい」「ボーイズで野球をやってよかった」と言っていただけるような支部、チーム運営を目的とし、支部、チーム一同頑張っていきますので、どうか皆様方にはご支援、ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。


長野県支部活動内容

活動報告写真

信越地区のボーイズリーグ活性化の期待を背負い2009年6月、日本少年野球連盟(通称:ボーイズリーグ)長野県支部が立ち上りました。支部は現在、中学部6チーム。長野ボーイズ、諏訪ボーイズ、松本ボーイズ、千曲ボーイズ、飯田ボーイズ、新潟ボーイズ。
小学部1チーム。信濃大町ボーイズ。で運営しています。