当館について

 

こだわり、コンセプト、スタイル、成り立ち、熱い思いなど・・・

 

日本の『アグリツーリズモ』になりたい! [MENU A KM ZERO]

 

『アグリツーリズモ』とは正式な日本語訳はないと思いますが、イタリアにある宿泊施設の一種で『イタリア版農家民宿』といったところでしょうか。

といってもイタリアでは大きなワイナリーが経営するホテル顔負けの所から自宅の2階を客室としている小さな宿までさまざまなようです。

ただそこでの共通点は自分の所、もしくはその近くで採れた野菜やワインを提供するという地域自給率の高さにあります。"MENU A KM ZERO"といったコンテストまであるようです。


自分達のやりたいのがまさにこれなんです。地域自給率にこだわる。


まずは野菜。
これは佐久・望月で長年無農薬・無化学肥料で育てられてる【ゆい自然農園】さんを中心とした農園の方々に。

そしてワイン。
これは塩尻・桔梗ヶ原の【Kidoワイナリー】さんに。

このスタイルがしたくて奔走している時に知りあった方々です。
これらの方たちでウチが成り立ってると言っても過言ではありません。


『アグリツーリズモ』が食事内容にはこだわるけど、堅い雰囲気じゃない所が多いのも、自分達が目指してるものにダブります。


ウチのスタイル、やりたい事が少し分かっていただきましたでしょうか?


オーベルジュや地産地消という言葉がありますが、僕の中では少しニュアンスが違うので使っていません。この話は長くなりそうなので、またいつかの機会でも。

 

全館禁煙と最大4組。

 

オープン当時から全館禁煙とさせてもらってます。理由は簡単で僕自身、禁煙した直後だったから。

その頃、この辺りで全館禁煙という宿は無かったと思います。同業先輩の方に「大丈夫?」と心配された記憶があります。
まぁ「ダメだったら、タバコOKにすればいいや」と軽い気持ちで始めたのですが、それ目当てに来てくださるお客様も増え、現在に至ります。もう、今さらOKには出来ないですね。館内は一切吸える所は無いですが、玄関外に一応灰皿は置いてありますので吸われる方はそちらをご利用下さい。
万が一、お部屋で吸われた形跡があった場合にはルームクリーニング代を請求させていただきますので、ご了承下さい。



それと客室ですが、この宿はツインルーム10室でスタートしました。そのままの状態で営業を始めたのですが途中で『何か違う』と感じるようになり、最大7組、6組、5組ときて現在の4組に至ります。

そうなると多くの部屋も必要ないので、8室分を4室にリフォームしました。これも周りからは「部屋、減らすの!?」と心配というか驚かれました。経営上、これで良かったのかは分かりません。しかしながら、お客様には好評だし、リピーターになっていただける割合も確実に増えた気がしてるので自分達的にはやって良かったなと思ってます。

 

年齢制限、そしてチャイルドデー。

 

これが自分達自身、宿を始めてから最大の葛藤、決断だったとも言えます。

営業を始めて数年経った時、同じ日に来られるあらゆる方を同時に満足してもらうのには限界があるなと気付かされました。自分達の能力不足を痛感しました。

お客様は20代から80代以上、カップル・夫婦・ファミリー・友人・同僚・3世代等、さまざまな方が来られます。宿へのニーズもさまざまです。

オープン当時は食事もコース料理にお子様プレートも作っていました。スタッフ2人だけでは今から考えると全てが中途半端だったかもしれません。こういう無理をしている状況は雰囲気としてお客様には伝わります。ご迷惑を掛けてたと思います。

そこで決断したのが小学校低学年以下を目安とした小さなお子様お断りで、料理もコース料理のみというスタイルです。それまでファミリーで来て頂いてた方々には自分達の勝手な理由でこういう事をしたのは本当に申し訳なく思ってます。

先ほど書いた最大4組にしたのと同様、無理はせず自分達がキチンと接客できる範囲で営業しようという理由からです。従業員を雇うという考えは始めからありませんでした。



その後、このスタイルに変えた事により、予想外に増えたお客様がありました。妊婦さんです。

「二人最後の旅行はゆっくり食事がしたくて・・・」と一週間連続して最低1組の妊婦さんがおられた時もありました。これは予想もしなかった事です。

でも話している時、「生まれた子供と10年後にまた来ますね」と言われると、ちょっと申し訳なくて、せつない気持ちになりました。そうして「そういう方達だけの日を作りますか!」と決めたのがチャイルドデーの始まりです。
お客様とのアイデアで生まれたこの企画ですが、ウチも小さな子供がおり、苦手や嫌で止めた訳ではなかったので自分達の気持ちも少しスッキリしました。

『夫婦2人、最後の旅行』と『家族3人、初めての旅行』で、来ていただける事は最高に嬉しくて幸せな事です。

2011年から始めたこの企画もおかげさまで続けさせてもらってます。勝手ながらこちらで日程を決めさせてもらってるのですが、小さなお子様のいるファミリーの方は都合がつけば是非みんなでワイワイ、ガヤガヤ、ドタバタやりましょう!!

 

あとがき

 

こんな感じでウチはスタッフ2人、お客様は最大でも4組の小さな宿です。ホテルのような充実した設備やスタッフが整ってる事はありません。特にお風呂は各部屋備え付けのユニットバスしかありません。

大きいお風呂の維持管理とコストの負担は自分達には大きいと判断して、近隣の温泉施設2ヶ所と提携して特別割引券を用意する形をとっています。それもウチのスタイルと思っていただければ幸いです。


ホテルのような事は出来ないですが、ホテルが出来ないような事を目指して行きたいと思ってます。


ここにしかない景色。ここにしかない食材。ここにしかない雰囲気。それら全てを楽しんでもらう。

そして「また来るね〜」「ありがとうございました!」、「どうも〜」「いらっしゃいませ!」とお客様と顔を合わせて心から、それでいて気さくに挨拶できる関係が築く事が出来れば最高ですね。



小さくても魅力あるアグリツーリズモを目指して。




長文、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

   
Copyright : SQUAMISH All Rights Reserved.