定年後の暇人のホームページ                         私の近況 オーディオ 街道歩き 登山 ガーデニング 畑
2008.3.12 start
    自作オーディオの楽しみ
ゴトーユニット
4ウェイ
マルチアンプ
システム

バランス型チャンネルデバイダー内蔵パワーアンプ
私のオーディオ遍歴
システム構成
部屋のデッドニング
18db/oct GIC型チャンネル・デバイダーの設計
18dB/oct GIC型チャンネル・デバイダーの製作
アンプの基本検討
0dBパワーアンプ
低音用パワーアンプ
MC用フォノアンプの設計と製作
回路図
オーディオ雑感
街道歩き
旅日記(てくてくある記)と写真
登山の写真 私の近況
 
富士見の四季

甲州街道

定年後の暇人の甲州街道てくてく歩き

甲州街道の写真

中山道
中山道てくてくある記 下諏訪から日本橋

中山道の写真(下諏訪~日本橋)
中山道てくてくある記 下諏訪から京都
中山道の写真(下諏訪~京都)

北国西往還
北国西往還てくてくある記
北国西往還の写真

東海道

東海道てくてくある記
東海道お勧め七つのコース
東海道の松並木八選
東海道を14日で歩く 装備、歩き方、食事
東海道五十三次の写真

箱根八里の写真

東海道の松並木の写真


日光街道

日光街道てくてくある記
日光街道の写真
日光街道の桜の写真

奥州街道
奥州街道の写真
奥州街道てくてくある記


伊勢神宮

塩田平の文化財とハイキング

北アルプス

剣岳と立山  
笠が岳
松本の桜
上高地、焼岳 
上高地の四季
蝶ヶ岳、常念岳
乗鞍岳
薬師岳
五竜岳遠見尾根
鍋冠山
kyouty
南アルプス
北岳と間ノ岳 
塩見岳
黒戸尾根を甲斐駒ケ岳
日向山
櫛形山
仙丈岳
入笠山の四季
白州

八ヶ岳
冬の北横岳 
天狗岳 
蓼科山
 
硫黄岳

権現岳
編笠山、西岳
阿弥陀岳
八ヶ岳横断歩道と棒道





奥秩父
瑞牆山 
大菩薩嶺 
雁坂嶺
西沢渓谷
甲武信岳

その他
白山 
那須岳 
恵那山
 
火打・妙高
 
雨飾山
茅ヶ岳
四阿山、根子岳
御嶽山
冬の霧ヶ峰



スイスアルプス
ツェルマットとサースフェー


ブライトホルン(4164m)山頂から。
マッターホルン(4478m)ダン・ブランシュ(4357m)


ヨセミテ渓谷
その時々、折りに触れて感じたこと、
何かしたことの写真と雑文です。
2010年 2011年 2012年 2013年

2014年 2015年 2016年 2017年
我が家の庭の変遷

我が家の庭の四季
早春 3月


春 4月



初夏 5月


初夏 6月



盛夏 7月、8月


初秋 9月~10月中旬



秋 10月下旬~11月



冬 12月 ~2月



我が家の庭づくり

 庭を始めてたのは、1994年に家を富士見に新築してからですが、本格的にやりだしたのは、定年退職をした2007年からです。

 最初はただ木を植えただけの庭でしたが、その後ハーブガーデンにしたり、一部を畑にしたり、敷石を敷いたり、バラのアーチを作ったり、通路を変更したりしながら、現在の姿になってきました。

 この間の庭の写真を我が家の庭の変遷にまとめてあります。

 最初は花の名前も知らず、近くのガーデンで余った苗を頂いて、喜んでは植えていました。何も知らずに、丈夫でよく増える花などと言ったばかりに、庭中に蔓延り、実に困った結果になったことも度々です。

 それから、毎年新しい苗を植え、それを枯らしたり、うまく育たなかったり、大株になりすぎたり、移植したりを繰り返し、この土地とこの庭の環境に合った植物はどういうものかが、次第に分かってきました。

 そしてようやく、花の色、葉の色、咲く時期、株の大きさと形、全体の雰囲気など、庭作りに必用不可欠な植物の知識が身についてきました。

 こうして、気に入った植物が、庭でお互いに競い合い調和しながら、一つの小さな植生を作り出すようになりました。テレビ番組で、かのTashaTudorが語っていたように、「庭は一夜にしてならず。最低12年、時間をかけてこそ美しい庭に育つもの」を実感しています。

 まさに、庭は育つものであり、作るものでないことを悟りました。

 庭作りは、画家が白いカンバスに絵の具を塗り重ね、絵を完成させていく作業に似ています。しかし、絵は完成すればそこで時間が止りますが、庭は時間と共に変化を続けます。完成するということがありません。

 一つの花が最も美しく咲く期間は、せいぜい一週間です。来年もまた同じように美しく咲いてくれるかどうか分かりません。庭は刹那の美を絶えず追い求め、その時々の変化や季節の移ろいを楽しむものだと言えましょう。

 狭く小さな庭ですが、一年を通じて、それぞれの季節が与えてくれる植物の美しさを楽しめる庭を追い求めています。

我が家以外の庭
横浜のバラ
(山下公園、港の見える丘公園)


オープン・ガーデン
畑の12か月

2007年から、無農薬の野菜作りしています。
富士見の紅葉


富士見の桜


富士見の雪景色と和歌


入笠山の四季

6月27日 東芝半導体の再建は???
 
東芝のフラッシュメモリーの再建は官民ファンドの産業革新機構を軸とする「日米韓連合」と27日にも売却契約を結ぶことになったようです。はたしてうまくいくでしょうか。

 
私は危惧の念を感じえません。メモリー事業は、資金力が豊富で、迅速で果敢な判断を下せる優れた経営者のもとでないと成長できないと思います。産業革新機構だどではうまくいかないのは明白です。「日米韓連合」などというものは、「船頭多くして船山に登る」の喩えを地で行くようなものです。
 
 「日米韓連合」は技術の流出を恐れることが理由の一つのようです。しかし、半導体技術は日進月歩です。古くなる技術の日本からの流出を恐れるあまり、もっともうまくいかない可能性を追求しているような気もします。


6月の庭

6月16日 車の買い替え
 70歳を迎え、次の車をどうするか思案していました。年金生活であまり贅沢は出来ないし、とは言ってもそこそこの車には乗りたいし、またいつまで乗れるか分からないしと言う具合に、今までの車を乗り続けてきました。
 
 というわけで、第2世代のプリウスを13年間乗ってきました。

 つい先日、車を買わないのに10年間にわたり、折に触れ来訪していたトヨタのセールスマン氏がやってきました。そろそろ車の乗り換えを考えているとという話をすると、間髪を入れず、「今お買い得車があります。新型プリウスの特別仕様車の展示品がありますから、値引きも可能です。」ということです。さすがにベテランのセールスマンだけあって、セールストークはお手の物です。

 こちらはそれを承知の上で、車を買う丁度良い機会だと思い、見積もりを出してくれるように頼みました。

 これからはそう長距離の運転はしなくなるから、比較的買いやすいもっと小さな車にしようかと迷いました。でも孫たちが来た時に少しでも安全・快適に車に乗りたいし、遊びに来るお客さんを乗せて出かけるのにより大きい車の方が便利なので、以前から気に入っていた新型プリウスに決めました。

 さっそくセールスマン氏は、試乗車に乗ってやってきました。乗ってみると、足回りがしっかりし、運転しやすく、路面の凹凸のショックが少なく、静寂性も増し、思った通り良い車でした。デザインは好みが分かれるようですが、私は気に入ってます。在庫品の車の色は、パールホワイト・シャインということなので、これも希望通りでした。

 インターネットで調べた値引き動向を目安に価格交渉した結果、こちらの要求がほぼ満たされたので、契約しました。セールスマン氏は、たびたび店長に電話でお伺いを立てての結果でした。

 後日、セールスマン氏からお礼の葉書が届き、「数ある販売店の中から当店を選んでいただきまして、この御恩は忘れません。・・・」とありました。10年間も通い続けてくれたから、今度買う時はあなたから買うと決めていましたと伝えると、嬉しそうでした。セールスとはそのようなものだと思います。


6月1日 ペライアの『フランス組曲』は面白い


 
前回、ペライアのピアノソロは退屈だと書きましたが、『フランス組曲』を聴いて認識を改めました。実に面白いというよりも、聴いていて深く感動する、この上なく優れた演奏です。退屈するどころか、最後まで一気に聴き終えてしまいました。今も繰り返し繰り返し聴いています。聴けば聴くほど、味わい深い曲と演奏です。

 『フランス組曲』は、前半の三組曲は悲しみと優しさに満ち、後半の三組曲は喜びと幸福感に満ちています。全体に優雅で、上品で、気品があり、舞曲のリズム感が心地よく響いてきます。『フランス組曲』はペライアの演奏スタイルに、とりわけよく合っているように思います。端正で真摯な感じのするぺライヤの真骨頂ともいえる演奏です。

 ほぼ同時期に作曲された『イギリス組曲』とは、随分性格が異なります。『イギリス組曲』の方が、変化と多様性に富んでいます。ちなみに、呼び名の「フランス」と「イギリス」は、後世に付けられたもので、特に意味はないようです。

 ペライアの『フランス組曲』はドイツ・グラモフォンとの契約の第一弾として録音されたCDで、ペライアの美しいピアノの音色を聴くことができます。今までのSONYよりも、格段に録音が優れています。

 
5月30日 面白い演奏と退屈な演奏

 
5月14付け、『Murray Perahia の超お買い得CD』で、ペライヤを称賛しましたが、正直なところ、ペライヤは協奏曲は素晴らしいと思いますが、ソロは少し退屈なところがあります。

 本当のところは分かりませんが、彼は真面目すぎるのではないのでしょうか。CDジャケットの写真はいつも背広をきちんと着た、端正な姿で写っています。

 バッハの『イギリス組曲』は、ペライヤの演奏では少し退屈をし、最後まで聴くのに少々忍耐を必要とします。そこで、グレン・グールドの演奏で聴いてみると、これが実に面白く、全く退屈することはありません。テンポ感、リズム感が実に心地よいのです。

 やはり、グールドは天才であることを改めて感じました。ペライヤは優等生という感じです。

 
5月23日 横浜のバラ



 息子が主張で帰国し、横浜のみなとみらいにあるホテルに宿泊したので、同じホテルに二泊して、久しぶりに親子三人でで休日を過ごしました。

 みなとみらいを散策し、山下公園から港の見える丘公園、外人墓地を見て、元町まで足を延ばしました。

 ちょうどバラが満開になる季節で、山下公園と港の見える丘公園のバラ園が実に見事でした。広い公園に、膨大な数のバラが咲き誇っていました。もう見事しか言いようがありません。色とりどりのバラが、とうど満開を迎えていました。バラと花が隙間なく植えられています。

 色彩の統一感はないのですが、空間が広いので、違和感は感じません。普通の庭では植えられないような、強烈な赤やピンクのバラも、自然と溶け込んでいます。広さの特権でしょう。バラが余りにも多く、デコレーションケーキをたっぷり食べたような気分になりました。

 今まで幾つかのバラ園を見ましたが、これほど見事なバラを見たのは初めてです。
 
 


5月14日 Murray Perahia の超お買い得CD

 ペライアの各賞を受賞した名演奏CD15枚を集めたボックス・セットが、なんとHMVから会員価格で3440円で購入できました。1枚230円程度という信じられない安さです。しかも、ペライアの飛び切りの名演奏です。

 録音も優秀です。比較的古いモーツァルトのピアノ協奏曲も、デジタル録音の時代のものです。SONYレーベルのCDには、時として、録音の良くないものが見かけられますが、この一連のCDはどれも録音が良く嬉しい限りです。
 
 このところは毎日1枚づつペライアのCDを聴くのを楽しみにしています。昨夜は、ゴールドベルク変奏曲を聴きましたが、グールドとは全く違った演奏スタイルで、別の曲かと思うくらいの違いですが、これはこれでとても良い演奏です。幾度も繰り返し聴きたくなる演奏です。繰り返し聴きたくなる演奏には、そうたびたびお目にかかれるものではありません。

 ついでに、Gunter Wandが最晩年にミュンヒェン・フィルと演奏した一連のライブもボックス・セットで販売されています。ブルックナーの4,5,6,8,9番、とシューベルトの8,9番等が収められており、8CDが3784円とこれも超お買い得です。こちらも名演奏で、録音も優秀です。



5月3日 別所温泉・塩田平ウオーキング



塩田からの風景。正面の山は独鈷山。

 塩田平を、塩田から別所温泉まで、10Kmのコースを歩いてきました。新緑と桜がきれいで、遠くに残雪の浅間山や四阿山や根子岳を眺めながら、とても気持ちの良い半日行程でした。

 お勧めできるハイキングコースです。別所温泉には歴史的な寺院が幾つかあり、自然と文化を満喫できます。もちろん温泉もあります。

前山寺三重塔

中禅寺の薬師堂

5月1日 正論 少子化対策
 今日付けの産経新聞『単刀直言』に載っている、自民党参議院議員の三原じゅんこ氏の疑問は、その通りだと思います。

 「少子化対策というと、どうしてすぐに保育に結びついてしまうのでしょうか。不思議でたまりません。こんなことを言うと古くさいと思われるかもしれないけど、私たちが子供の頃、「将来何になりたい?」と聞かれたら大抵は「花嫁さん」と答えたでしょ。

 でも今は男女とも結婚願望がない。結婚したい人が減っている現状を何とかせず、どうして子供が増えるんですか。政府は待機児童解消に4兆円をつぎ込んでいますが、結婚に関する予算はたった40億円。予算配分を間違えていると思いますよ。」

 われわれの時代は、「お見合い」の風習が残っていました。結婚適齢期になると、「そろそろどう」とお見合い写真を撮ったものです。

 現代は、他人のことに係わることを嫌う時代ですが、良き風習は残していきたいものです。結婚せずしてどおして子どもが増えるでしょう。虎の子を大事にする子育て支援も必要ですが、それよりも先立つものが必要です。

4月21日 忘れられつつある帝王 カラヤン
 
現役時代BSプレミアム・シアターで放映されたカラヤンのドキュメンタリーを録画しておいたのを、昨日見ました。カラヤンは特に好きでもなく、晩年に録音された数枚のCDを持っているだけです。どうしてもカラヤンの音楽には感動できないからです。

 ウイーンフィルと残した『悲愴』を聴くと、出だしの美しさ、息の長いフレージングの見事さは最高です。でも聴き進めていくと、美しさが平板で、音楽的効果が計算されている感じがして、感動が伝わってきません。職人芸の工芸品を見ているようで、芸術作品の持つ力を感じないのです。

 そういう訳で期待もせずに見たのですが、カラヤンの録音に賭ける情熱や、録音風景、録音に関する考え方をまとめたもので、大変にに面白い内容でした。

 カラヤンは、自分の音楽を記録して後世に残そうとしたようです。「自分の音楽はピラミッドより長く残るだろう」と思っていたようですが、本当にそう信じていたのでしょうか。

 カラヤンはトスカニーニとフルトヴェングラーの指揮を融合させようとしたようです。トスカニーニの正確さと、フルトヴェングラーの表現力という、相矛盾するものを両立させようとする、不可能に近い試みでした。

 トスカニーニとフルトヴェングラーには、いまだに熱烈なるファンがいて、CDも再版され続けています。はたしてどれだけの人が、カラヤンを忘れずにいるでしょうか。

 カラヤンは録音に関してこう述べています。
「観客の全員が同じ音を聴けると思いますか。ホールでは席によって音の印象が異なります。そしてそれが観客の耳に届いた時、観客は音楽を誤解しかねない。
 ホールでは聞けないような音も、録音なら作れます。怖いほど美しいものを生み出せるのです。」

 また、録音でしか聞き取れない音楽があるとも言っています。

 カラヤンの録音技師を務めていた人は、「生演奏の方がレコードよりも3倍もいい。全く別物です。どんなに良い録音も、生演奏の魅力にはかないません。」と言っていましたが、カラヤンはそうは思っていないようでした。

 カラヤンは自ら録音の編集に係わりました。妥協をせずに、音のバランスを整えました。極上の音楽を求め、音の細部にこだわり続けました。

 
しかしながらオーディオ的な観点から見ると、カラヤンの録音で音が良いと思ったことはありません。そこが不思議なところです。レコードのレビューでも、カラヤンの録音が優秀録音と評価されたものはないように思います。彼は音楽的に美しい音を求めたのであって、必ずしもオーディオ装置で聴いた時にいい音がすることを求めたのではないのでしょう。

 録音好きで、機械好きのカラヤンは、CDの開発に並々ならぬ興味を持ち、SONYのために大変貢献したようです。アナログ・テープよりはるかにいい音で記録できるデジタルに、大いなる期待を寄せたことは当然でしょう。

 カラヤンにとって不幸だったことは、晩年の数年しか、デジタル録音を残せなかったことです。本人はとても残念だったことでしょう。

 カラヤンはこう言っています。「皆さん、私は自分を冷凍保存して、25年後にもう一度生き返りたい。そして、これまでした全ての録音を、2015年の録音技術でやり直したい。」と。


4月16日 オーディオ試聴会
 
現役時代、東京近郊に住んでいたころは、友人のオーディオ装置を聴いたり、秋葉原に出かけて、オーディオ専門店で試聴したりして、他の装置の音を聴く機会がありましたが、田舎に引っ込んでからは、こうした機会は皆無となりました。

 そんな訳で、最新の装置がどんな音を出すのか、昔よりどれだけ進歩したのか、興味はありました。

 先日、実家のある松本に買い物に行き、松本城の桜を見てから町を散策しました。たまたまオーディオ専門店の「ロイヤルオーディオ」の前を通りかかると、マランツとB&Wの試聴会の案内が店頭に出ていたので、覗いてみました。

 
二階の小さな試聴室には十数人が集まり、熱心に耳を傾けていました。私にとっては、メーカー製の最新鋭機の音を聴くのは何十年ぶりのことで、最新の装置がどんな音を出すのか興味津々でした。

 
装置は、B&Wの802DSという3wayのスピーカを、マランツのアンプPM-10とSACDプレーヤSA-10
で鳴らすというものでした。総額で500万円弱の高級機です。

 一聴してさすがにバランスのとれたいい音をしています。音に芯があり、重厚で、低域の厚みと豊かさは絶品でした。高域も刺激的な音は皆無で、良く伸びています。さすがにメーカー製の装置は完成度が高く、実にうまくまとめられていると思いました。

 極上に熟成されたワインを味わうような感じのする、濃厚な音でした。自然な音というよりも、工芸品のように見事に磨き抜かれた音という感じです。惜しむらくは、内にこもったような響きで、生の音に感じられる、空気中に音が拡散してゆく開放感が足りないように感じられました。

 
これと比べると、私の装置の音もそう悪くはなさそうです。は完成度では劣りますが、透明感や開放感や自然な感じでは優れているようです。高能率のホーン型ユニットの良さが如実に現れているのでしょう。

 例えてみれば、メーカー製の音は、名人の職人が作った工芸品、私の装置の音は、上質の材料で作ったシンプルな日曜大工品と言ったところです。それぞれに違った味わいがあります。

 それにしてもオーディオ・ブームが去ってから久しく、高級オーディオ専門店は数少なくなりました。この「ロイヤルオーディオ」もその数少なくなった一つで、高級オーディオのユーザ数が決して多くない田舎で、そくぞ生き残っていると感心します。

4月7日 庭仕事の始め
 
あちこちで桜の開花のニュースが聞かれますが、こちらの信州の高原地帯では、ようやく梅が咲き始めました。今年の冬は特に寒いということではなかったのですが、春先の気温が低かったようで、昨年よりも1か月近くも遅い開花でした。

 水仙も咲き始め、いよいよ今年のガーデニングの幕開けです。小淵沢にあるミヨシのペレニアル・ガーデンは、今年から4月1日にオープンとなり、安売りの宿根草(ピンクと銅葉でブルーのポレモニュウムなど)をさっそく買い込んできました。

 このところ春らしい暖かい日が続いているので、昨年から目星を付けておいた宿根草の移植や株分けを始めました。ミヨシで買ってきた苗も植え付けました。

 
この時に毎年失敗するのは、約半年の冬の間に、どこに何が植わっていたのかを忘れてしまうことです。宿根草の大半は芽を出し始めていますが、中にはこれからのものも多くあり、うっかりして掘り起こしてしまったり、株を痛めてしまったりします。急いては事を仕損じるです。

4月1日 オーディオの妙味
 

チャンネル・デバイダー基板

 この間は、チャンネルデバイダーの改造で悪戦苦闘していました。期待した音にならなかったからです。
こちらを参照
 
 原因は低音域にありました。

 チャンネル・デバイダーを6dB/octにしてから、高域をフラットにすると、CDによっては刺激的な音になりました。高域のレベルを下げると、つまらない音になってしまします。一時はフィルターのスロープを6dB/octにしたことが原因かと、落胆しました。

 ふと、原因は低域にあるのではないかと気づきました。実は、低音用のアンプを、OPアンプにパワーTrを追加したバランス型にしましたが、これは非力でした。中高音で良い結果を得ていたので、低音用にもと変えてみましたが、力不足だったようです。

 アンプを元のMacIntosh改造アンプに戻したところ、中高音とのバランスがよくなり、刺激的な響きは緩和され、むしろ心地よい響きになってきました。中高音の響きと低音の量感あるいはエネルギー感とのバランスが大切であることを再認識しました。このことは昔からよく言われていることではありますが、体験してみて改めて納得しました。低音域のゆったりとした量感が、中高音の響き(時として刺激的なこともある)を包み込んでくれるようです。この辺は周波数特性には表れてこない所です。

 
低音はピーク時でも0.5Wくらいなので、パワーそのものは関係していないと思われるものの、ダンピングファクターや、電源部の容量などが関係しているのでしょうか。かつてアキュフェーズの春日さんが、大パワーアンプの効用を車に例えていました。「低速運転でもコンパクトカーとロールスロイスとでは乗り心地が全然違う。これが余裕というものだ。アンプにも同じことが言える」と。

 何事にも余裕は大切なようです。


3月18日 時々目を覚ますオーディオの趣味
 
一年に一度、あるいは二三年に一度くらい、オーディオ装置をいじりたくなります。

 まさに今がその時で、きっかけは、現在使用中の「完全バランスGIC型チャンネルデバイダー内臓3チャンネルアンプ」の動作が不安定で、時々音が荒れてくることでした。意を決して分解し、数日かけて原因を探ると、回路の引き回しにより、高周波の発振を誘発していることが判明しました。パワーアンプの周波数帯域が10MHzあたりまで伸びているため、大規模な回路の配線の取り回しにより、信号の回り込みがあるようです。常にではないのですが、何かのきっかけで発振が誘発されるようです。

 簡単には直りそうもなく、一時は途方にくれましたが、ゴトーユニット購入の当初に試みた、6dB/octのシンプルなチャンネルデバイダーの音が良かったことを思い出しました。そこで原点に立ち返り、GIC型フルターから撤退し、最もシンプルなCRだけの6dB/octフィルターに戻ることにしました。

 世の中のゴトーユニット愛好者の多くも、6de/octを用いていますが、やはりこれにはそれなりの理由があったのです。GIC型フィルターは、容易に高次のフィルターを実現できるので、18dB/octにしましたが、これはこれで透明な音が楽しめました。

 現在設計を終えて、インターネット通販で部品を調達中です。結果が楽しみです。




冬の畑。農作業はお休みです。
畝には土中堆肥を埋め込み、通路には藁を敷き詰めている。



野菜の保存
大根、人参、ジャガイモ、里芋は、土を付けたままビニール袋に入れ、落ち葉の中に保存します。土に埋めてもいいのですが、取り出すのが大変なので、今年から落ち葉を集めてその中に埋めています。