“あなたのかかりつけ医”を持ちましょう Have a family doctor ! 

「かかりつけ医」とは、皆さんがふだん気軽に相談できる健康の窓口です。

信頼できる「かかりつけ医」を持っている利点は、皆さんの健康状態や家族構成、仕事の内容などを十分に考えた上で診療してくれることです。そして、在宅医療・家庭看護・福祉介護・健康増進・予防注射・健康診断などの相談に乗り、病気によっては必要に応じて適切な病院や、専門医へ必要な情報を添えて紹介してくれます。 「かかりつけ医」は、病院の医師の専門性をよく知っているので適切な紹介ができますが、患者さん自身が直接病院を選ぶことはなかなか難しく悩まれることでしょう。腹が痛くても消化器の病気とは限りませんし、歯が痛くても心臓の病気であることもあります。適切な専門医を選ぶことが、病院の持つ高度な機能の恩恵を受けられることにつながります。

病院を受診する時には、できるだけ「かかりつけ医」の紹介状を持っていきましょう。また、退院や必要な検査が終わった時は返書をもらって「かかりつけ医」にもどり、その後の治療を病院と連絡をとりながら行うことが肝心と思います。

 

かかりつけ医と病診連携 Cooperation between family doctor and the hospital

「病診連携」とは、病院と診療所が互いに連絡をとりあって医療を行うことです。

岡谷市医師会では、病診連携推進協議会を開いて病院医師と診療所医師との間で意見交換をしています。患者さんが効率よく医療サービスを受けることができるように、病院と診療所の機能分化を進めむだのない医療がスムースに行われるよう努めています。

病気にかかられた場合、病気の治り方や持病、薬の効き方や副作用、仕事の都合や家族構成など患者さんをよく知っている「かかりつけ医」に相談することが大切です。そして、一般の通院治療は診療所で受けて、特別な検査や高度な医療が必要な場合は「かかりつけ医」から各病院に紹介いたします。かかりつけ医の紹介状を持参して頂くことにより、受付でどの診療科に受付をするのか悩むこともなく、また診察室では症状や持病の説明にとまどうことがなくなります。そして、病院での検査や治療が終われば、病院の医師が詳しい報告を「かかりつけ医」に連絡してくれます。

このように一貫したシステムにより、より良い医療環境を提供できますよう、岡谷市医師会と各病院では病診連携に努めております。安心してかかりつけ医に御相談下さい。