我が医院  翠川 宏  翠川医院

白に牛のディスプレイと少女

我が医院は、昭和6年(西暦1931年)に設立の建物で今年で73年が経た古い建物だが基材がしっかりしている為か余り傷んではいない。昭和初期の西洋式木造建築といふ事で、当時はモダンな建物でわざわざ見物に来た人もあったといふ話で した。

患者の中には「この建物は歴史的なものだで絶対取りこわさない様に」と註文する人も多々います。

さて、私の画の師匠であるI先生(日展に10回以上入選)が貴方の医院は絵になるので画(か)いて見たらとすすめられ、冬の雪の積もった医院の油絵を約3ヶ月悪戦苦闘して画(か)いたもので、第56回「諏訪展」の洋画部門に入選した想い出の絵の写真です。

ギャラリーの目次へもどる