《八ヶ岳だより》

 地域だより(信濃毎日新聞等から)
 信州に春が訪れると、さまざまなイベントが開催される。
 街道飲み歩き、温泉、花巡りなどなど信州の春の
 楽しみを家族や友達と一緒に来ませんか。

1、桜の開花予報が近づく諏訪地方(諏訪)
   桜前線の北上とともに、諏訪地方も花見のシーズン
   を迎えます。例年、各公園などではイベントを開催し
   ている。松本城の夜間のライトアップは必見。
   諏訪地方の桜の名所は、
   ○松本城:開花宣言の3日後から8日間にわたり
          松本城夜桜会を開催予定。
   ○高島公園:高島城の公園内には約70本ソメイヨ
          シノの他彼岸桜など90本が植えられて
          いる。開花期間中はライトアップされた
          高島城と夜桜、堀に浮かぶ花びらがより
          幻想的な雰囲気を演出します。
   ○富士見里山歩き(信濃境駅周辺)
          信濃境駅を起点として心ときめく花景色
          が広がる富士見。お花見を楽しみながら
          のんびりと里山を歩けば、色とりどりの春
          花にたくさん出会えます。
 

    

   満開の桜咲く高島城(諏訪市)

  高森観音堂の桜(富士見町)

 入笠山・湿原だより
  紅葉の季節が終わると、湿原は静かな時間が流れる。
  湿原に雪が降ると、、賑やかなだった湿原には人影は少なくなり風の音だけが聞こえる。
  湿原から標高1955bの入笠山山頂までは60分、頂上に立てば360度のパノラマが。 
  山頂からは、八ヶ岳連峰、富士山、北アルプス、中央アルプスが広がる。
  
     

   

 

       入笠湿原の咲く水芭蕉
     雪が解け春が来た湿原 

 

交通アクセス

利用案内

トップに戻る