マザーリーフの育て方 
皿に水を入れます。
葉の表を上にして皿に入れ、葉の上面まで水が浸かるようにします。
明るい窓辺などに置き、水を絶やさないようにします。
一週間くらいして根が出て来て、その後に芽が2週間前後で出て来ます。
芽が3cmくらいに成長したら葉から切り離して鉢に植え替えます。
                
土は鉢植えにする場合には、
「観葉植物用の土」のような水はけの良い土が最適ですが、
本来は自然界に自生しているような植物ですので、
ホームセンターで売られている安価な [花と野菜の土」「園芸用の土」で良く、ある程度肥料を混ぜてある物が良いです。
水やりは表土が乾いて来た時、鉢底から流れ出る位たっぷりと与えます。
頻繁にやり過ぎても根腐れを起こしてしまいます。
置き場所は室内の場合は、窓越しの日当たりの良い場所に置きます。
直射日光でなくても、明るい間接光の当たる場所なら育ちます。
茎が弱い場合や株が大きくなったら、市販の支柱で支える必要があります。
観葉植物用の土などは特に柔らかいので安定が必要です。
マザーリーフを育てて気をつけたい事
水は
水栽培の場合の水の量は、リーフが水の上に浮きあがらない程度で、
リーフ全体に葉の上面まで満遍なく浸かるように水を入れます。
水が減ってきたら、継ぎ足します。
水は蒸発して思ったよりも早く少なくなりますので無くならないよう注意が必要です。
水換えは、リーフを入れてから何日か経ち、皿の周りが汚れてきたり、
水の色が濁ってきたら、リーフを取り出して皿を洗浄して水を入れ直します。
植え替えは
葉から土に植え替えるときは、根を痛めないように、葉の部分を余分に切り取って
植え替えます。
十分な大きさに芽が成長してから植え替えるほうが、その後の成長が早いようです。
鉢の大きさは
特に合う大きさというのはありませんが、最初は芽の大きさに合わせて鉢を選び、
大きく育って来るに連れて、大きい鉢に植えかえるのが良いでしょう。
最初からあまり大きすぎる鉢に植えると、根の方ばかり育ちすぎてしまうようです。
数本植える場合は、ひとつの鉢に2〜3本を植えるようにします。
一年後には1m以上に成長しますので、私の場合最終的には7号鉢〜8号鉢を使って、
1株を植えています。
大きな鉢に植え替えたり、株が大きくなってから鉢を移動する際は、葉に触れると
葉が簡単に取れ易いので注意が必要です。
温度の管理は
20度以上の気温を好むので、冬は必ず室内に入れて育てます。
室温は10℃を下回らないようにします。
7℃くらいまでの気温が生育の限界のようです。
朝晩の寒暖の差が激しくなる秋の季節は、
昼間は屋外に置き、夜は屋内に入れるようにすると良いです。
霜があたると、ほぼ確実に枯れてしまいます。
冬の防寒対策としては、 温室に入れるのが一番良い方法です。
日差しは
夏の炎天下も嫌うので、明るい半日陰か、
朝から昼頃まで陽が当たり、午後からは日陰になるような場所に置きます。
日差しが強すぎても、葉が焼けてしまいます。
室内から急に屋外に出すと、葉が日焼けの原因になるので、
徐々に慣らしていく必要があります。
マザーリーフは他の草花と同様に、光の方向に向いて成長して行く性質の為、
茎が曲がっった状態で成長し易いので、時々鉢を廻してやると茎がまっすぐ上に
伸びて行きます。
ある程度茎が伸びてくると、倒れないようにまっすぐに伸びるために、支柱をたてて
固定します。
また、室内では葉が外側に向かって丸まるようになり、しおれたように見えますが
特に問題はないようです。
これは、より光を吸収し易くする為の現象だと思われます。
肥料は
4月から9月頃の生育期には、緩効性の化成肥料(マグァンプKなど)を株元に施します。
早く成長させたい場合は、10日に一度くらいに、薄い液肥(ハイポネックス1000倍液など)
を与えるとよく成長します。
基本的には多肥は好まないので、大きく育てる必要がない場合は
肥料はほとんどやらないほうが良いでしょう。
防虫対策は
アブラムシ、カイガラムシ、ハダニなどの害虫がつき易いです。
アブラムシには株元にオルトラン粒剤などを散布しておくと有効です。
これらの害虫がついた時は、スプレータイプの殺虫剤(ベニカXスプレーなど)を散布したり、
ハダニは水で洗い流します。
風対策は
屋外やベランダなどで育てている時は、強い風があたらないように注意します。
葉が簡単に取れ易い性質の為、強い風が当たると大切な葉がほとんど落ちてしまいます。
株元のわき芽は
株が大きくなって来ると、株元からわき芽がいっぱい出来てしまいますが、
養分をそちらに取られない為にもかき取る方が良いでしょう。