ゆめしなの紹介
                   
                             

        ゆめしなのは、長野県で生まれたお米です。

             
     
       
              コシヒカリと同程度の良食味の早生品種

       「コシヒカリ」に「空育143号」を交配して育成された固定品種です。
       2000年に品種登録されました。
       はじめは「信交485号」という名称でしたが、
       その後公募で「ゆめしなの」という名前になりました。
                                        
                           
    品種名 栽培地帯
極早生 きらりん 1050m〜1100m
早生 ゆめしなの 950m〜1050m
早生晩性 あきたこまち 800m〜950m
中早生 ひとめぼれ 750m〜800m
中性 コシヒカリ    〜750m

                                                                         

 
               ■「ゆめしなの」にこだわる気持ち

                  全国で300種類以上のお米が栽培されているそうですが、
                  作付け面積でいえば、「ゆめしなの」は170位ぐらいのようです。
                  「ゆめしなの」が初めて長野県に導入されたときは、多くの人が生産していました。
                  が、収量が他に比べて少なく倒れやすいということもあり
                  また、単価も名の知れた米と比べて少し安いことからだんだん生産が減ってきました。
                  しかし私は、収量よりも食味の点でおいしい、うまい米だと自分が食べて思いました。
                  また、私が住んでいる原村のような高原の気候にあったお米です。
                  「ゆめしなの」のモチモチ感といい、味といい大変私は気に入っています。

                  「ゆめしなの」の一番のおいしいところは、米に味がある(甘い!)という点です。

       

                             
                                   米の検査



               「ゆめしなの」の食味検査結果  (株)ケット化学研究所  「穀粒判別器」を使って調べてもらいました

検査日 05.10.06 10.12.10  13.12.6  15.12.2
成分分析 普通米 普通米  普通米  普通米
たんぱく % 5.5 6.6 7.4  6.3 
水分 % 13.7 14.7 14  14.6 
アミロース % 19.3 18.8 19.1  19.8 
脂肪酸 mgk 21.0 18.2 20.1   
評価値 点 76 77 72  74 

             

検査日  06.2.15 10.11.15 13.12.6  15.12.2 
 成分分析 有機質米 有機質米  有機質米  有機質米
たんぱく %  6.3 6.6 7.4  6.7 
水分 %  15.1 14.2 14.4  14.0 
アミロース %  19.5 18.8 19.1  19.8 
脂肪酸 mgk  19.1 18.8 19.5   
評価値 点  74 76 73  72 

              

               測定項目と食味の関係
                   ○タンパク質: ご飯の炊き上がりを決めます。低いほど食味良。
(7〜9%が普通 7%以下がよい)
             

                  ○アミロース: デンプンのひとつでお米のおいしさの要素の「粘り」を決めます。(18〜22%が普通 18%未満がよい)
                            低いほど粘りがある。品種の特性と天候の影響が大きい。

                   ○脂肪酸: お米に含まれる脂肪の酸化度です。低いほうが新鮮でおいしいお米です。
                          この数値が高いものは、古いお米ということです。
      

                 ○評価値(食味値)  65〜70普通  70〜75良  75〜80優良  80〜極良


              ■経営者よりのコメント
                     おいしい米を決めるのは、作り手の「自分が作っているこの米はうまいんだ」という自信と
                    食べてもらった人が「本当に美味しかった」という両者の思いがあったときに、
                    それが一番うまい米だと思います。