「宮坂さんちのお米/ゆめしなの」を、八が岳西麓の原村で生産直売しています




本文へジャンプ
                                最終更新 2021年7月24日 (開設日2001年1月1日)
        
令和2年産新米の案内 


  
原村の紹介

八ヶ岳西麓に広がる
標高1000mの水田で
作っています。
眼下には、諏訪湖が見え、
夏は、涼しい風がふき、
冬はマイナス10度以下になり
大変寒くなりますが、
四季の変化は素晴らしい
所です。



米作りへの思い

ゆめしなの」は、
標高1000mの原村のような
高冷地で作るのに適した
品種で、長野県で生まれた
お米です。

ほのかな甘味ともちもち感が
大変気にいってます。
田植後から収穫までは、
農薬の使用をできる
限り控えています。

皆さんに食べていただいて
「おいしい! うまい!」と
思っていただける米を
作り続けたいと
思っています。
 
     
宮坂吉記・竹内渉二

           


    






  


    

  八ヶ岳のふもとから
八ヶ岳を遠くに見ながら
  
 
    





 


  ゆめしなのはおにぎりに
  してもおいしいです。


  






      



































原村の天気

郵便番号検索
宅配荷物のお問い合わせ


7月24日
梅雨明けから一気に真夏
また、ヒマワリの栽培を復活させました。

今回は、前から作ってみたかった

八重咲の「ゴッホのヒマワリ」を作りました。

タマネギは、娘夫婦が作りました。

今年は大成功とか。


お知らせ

「たてしな自由農園でのお米の販売について」(2020.10)

長い間、自由農園で販売させてもらっていましたが、
担当の長女が子どもが保育園を卒園した機会に米つくりの方を手伝うようになり
自由農園の販売との両立が難しくなりました。
そこで、2020年の新米からたてしな自由農園の販売をやめることになりました。
今まで、買っていただきありがとうございました。

今後は、ネット販売や我が家での直売などで
購入ができますので、引き続き声をかけてください。よろしくお願いします。

米 今年のお米の作業が始まりました(4.11)

  
昨年は、おそく植えた田んぼが集中的にいもち病にかかりました。
   その反省から、今年はもう少し早く田植えを始めるために
   苗つくりを昨年までより少し早く始めました。
   今年も美味しい米を届けられるようにがんばりたいと思います。
   ゆめしなのは まだ、在庫はあります。  
  

米  「五百川ごひゃくがわ」は、数量限定で販売をしています(4.11)
   まだ、在庫はあります。

  
 「五百川ごひゃくがわ」は         
  早場米ですが、本格的なおいしさを味わえるお米です。
  今年も数量限定で販売を始めさせていただきます。
  在庫がなくなり次第終了させていただきます。
   10k4000円               
   5k2000円
   

花 今年も切り花のシーズンが始まりました
(6,22)                          
  
  サマーチェリーは終わりました。
  
  7月末から、ヒマワリ、アスターがさきます。

  しばらくお休みです。

その他  古代米について(2021.4.11)

     2021年度からは黒米の栽培をやめることになりました。

     




                                           

宮坂さんちのお米/ゆめしなの

   
 ゆめしなのは
「ほのかな甘み」と
「さっぱりしたモチモチ感」が,
 特長のお米です。
 冷めてもおいしいお米です。

 (写真は、贈答用のクラフト袋です))
  玄米30kgの直売・発送もしています。 
10kg×3袋の小分けもできます。



           



宮坂さんちのお米
「ゆめしなの」


「五百川」


切り花 


年間予約
  

 〒391-0102 長野県諏訪郡原村689−1 宮坂 吉記・竹内渉二   
特定商取引表示 | 個人情報保護  |  問い合せ先 | 道案内