戻る

せっけん生活について

 私達は、日常生活の中の、色々な「洗う」場面で、せっけんを使っていく事を皆さんに勧めています。それは、せっけんを使うことによって、私達の体や生活が変わったからです。言いかえれば、手荒れが治ったり、皮膚のかぶれなくなった事と、高価な洗剤を沢山買わなくても、せっけん1つで様々な汚れが落ちる事がわかったからです。
 せっけんは、“古い”とか“汚れ落ちが悪い”とか、“匂いが嫌だ”って思っていませんか?
そんな事はないですよ。使い方次第です。せっけんをもう1度見直してみましょう!

< プロローグ >

 “洗う(洗浄)”ということは、私達の日常生活の中で、何と多いことでしょう。
朝起きて、夜寝るまでの間にどれくらい「洗う」という行動をしていますか?考えてみて下さい。

 例えば朝、顔を洗う、歯を磨く、トイレに行けば手を洗う、食事が終われば食器を洗う、洗濯をする。夜は、お風呂で身体を洗う、髪の毛を洗う・・・最低でもこれくらいはありますね。人によってはもっと多いでしょう。女性だったら、お化粧のための洗顔から、その化粧を落とすクレンジングまで、顔を洗ってばかりです。(笑) 

 私も仕事柄“洗う”ことは多いです。理容師ですから、お客様の洗髪から、仕事中は衛生面での手洗い、器具の消毒、備品の洗濯など常に「ゴシゴシ・チャプチャプ」しています。
 思い出して見ると結構多いですよねー。そしてそれぞれの場面で、皆さんはどんな洗浄剤(洗剤)を使っていますか?これも、それぞれの場面で違うから、数が多くなりますね。ご自分の使っている洗剤の名前言えますか?
 
 以前の私達は、顔は洗顔用ソープ(クレンジング)、手は薬用ハンドソープ、身体はボディーシャンプー、髪の毛はトリートメントシャンプーとリンス。
 台所では除菌もできる台所用洗剤、トイレはトイレ用中性洗剤、お風呂はお風呂用中性洗剤・・・など「〇〇には〇〇用」という洗剤を使っていました。当然ですよね。
それ専用に開発・製造されているのだから汚れ落ちは、バツグンであるに決まっている。またそのような専用のものでないと、汚れは落ちないし、それが当たり前だと思っていました。
テレビのCMでも「ピカピカ」「すっきり」「手間いらず」って言っているしね。

 でも今はというと、素手で洗うものは全てせっけんで洗うようになりました。正確には、「せっけん成分の洗浄剤で洗っている」と言った方がいいかもしれません。
 おかげで、とてもシンプルな生活になりました。洗面とかお風呂、台所に置いてある洗剤の数がものすごく少なくなったし、買う数も少なくなりました。

 今の我家は、洗剤=「せっけん」という生活です。
せっけんを使うようになってからは、今まで使っていた物(合成洗剤)がいらなくなりました。
だって、せっけんでほとんどの汚れは落ちるし、洗った後もいい感じです。
多種類の洗剤を、安売りの時に大量購入したり、手荒れやかぶれで苦労した生活は
「なんだったんだろう?」と言う感じです。

せっけんには良いことがいろいろあるんですよ。だからみんなに使ってもらいたいのです。
私達は見事にせっけんにハマりました(^。^)“せっけんで洗う”という生活・・・お薦めです。

< せっけんとは・・・ >

 せっけんといってもいろいろあります。
 形状で大きく分けると、次の3種類です。
 1.固形せっけん  四角い白い(でないのもある)せっけん。            
 2.液体せっけん  文字通り液体状のせっけん
 3.粉せっけん   粉状または、粒状のせっけん

 せっけんの成分は、「脂肪酸ナトリウム」か「脂肪酸カリウム」です。
固形せっけんや粉せっけんは「脂肪酸ナトリウム」、
液体せっけんは「脂肪酸カリウム」と表示してあります。
この2つの表記の他に、製品のラベルには「純せっけん分○○%」と書いてありますが、
これも同じ成分です。「純せっけん分」とか「せっけん素地」というのもせっけん成分です。

せっけん成分の他に、香料や色素、酸化防止剤、金属封鎖剤など添加してある
せっけんもあります。
 
 なおこのページでは、洗浄成分が「純せっけん分」だけの物を「せっけん」と呼んでいますので、お間違えのないようにお願いします。
TV、雑誌、新聞などでバンバンCMなどしている洗剤は合成洗剤ですので、
せっけんとは違います。ここでは、合成界面活性剤(←ちょっと難しい)が
使われている物は、一応「合成洗剤」と呼ばせてもらいます。

< どんな製品があるか・・・ >

せっけん製品といっても色々な物があります。

 私達が使っているものを紹介します。(ほんの一例です)

 ・洗顔・お風呂・手洗いなどには  固形せっけん
 ・シャンプー (洗髪)は せっけん成分のせっけんシャンプーとせっけんシャンプー用リンス
 ・髭剃りは、液体せっけん(泡ポンプ使用)
 ・台所での食器洗い 液体せっけん(泡ポンプ使用)、固形せっけん
 ・洗濯には  洗濯用の粒状(粉)せっけん 、洗濯用液体せっけん
 ・シャワーの時は  せっけん成分のボディーシャンプー
 ・歯磨きは 合成界面活性剤の入っていない歯磨き剤
 ・シンク、ガス台などの掃除  せっけん成分のクレンザー

私としては、純せっけんをお薦めします。しかし、絶対というわけではありません。
とにかく、純せっけん分の多い物を使った感じがとても良いです。(詳しい事は購入編を見てね)

< せっけんを使うようになって・・・ >

 せっけんを使うようになって、良かったと思うことは、

 1.肌や手の荒れ、がぶれ、湿疹が少なくなった。
 2.必要以上に余計な洗剤を買わなくなった。
 3.家の中の洗剤の容器が少なくなった。
 4.洗った後のすすぎの時間が短くなった。
 5.香料の匂いが少なくなった
 6.汚れ落ちが良くなった。
  
 さらに言い換えると、

 1.安心して使える。
 2.経済的に良い。
 3.場所を取らない。
 4.時間短縮。
 5.匂いに敏感になった。
 6.洗浄力アップ

 といった所でしょうか。

皆さんも、安心・快適・経済的なせっけんライフを楽しみませんか。

   戻る

トップへ戻る