戻る

煮洗い
▼こんな時は「煮洗い」がお薦めです▼
衣類、タオル、布巾などが黄ばんできた時
・襟汚れやシミが気になる時        

※材質は、綿など丈夫で煮ても良いものだけにしてね。      
<用意する物>
アルミではない鍋 (ステンレスの鍋やホーローの鍋など)
粉状石けん (生活クラブのでなくてもOK。炭酸塩入りでもOK)
酸素系漂白剤 (塩素系ではありません)
<手順>
1.鍋に水を入れて、火にかけます。
  (水の量は計って入れてね。煮る物が浸かるくらいが目安です。)
2.少し水が暖まってきたら、粉石けんを入れます。
  分量は水1Lについて粉石けん小さじ2くらい。適当でも大丈夫。
3.煮立ってきたらそこへ酸素系漂白剤を水1Lにつき小さじ1くらい入れます。
  すると、石けん液が”ボーッ”っと泡立ってきますので、火を少し弱めます。
4.そこへ、しみのついた衣類とか、黄ばんだタオルを入れます。
  ふきんや雑巾なんかを煮洗いするときは全部つけますが、
  大きいものは全部入れなくても、しみのついた部分だけを浸けてもOK。
5.そのまま弱火で煮ます。
  汚れによっては5分くらいでもいのだけれど、10〜20分が目安です。
  吹き零れないように気をつけてね。
6.様子を見て鍋から取り出します。火傷しないように十分気をつけてください。
7.少し冷めてから、そのまま軽く手洗いします。(これが効果的です。)
  しみが残っていたら、しみの部分を揉んで軽く洗うか、固形石けんを擦りつけて、
  ゴシゴシすれば落ちます。
8.あとは、洗面器とかに溜めた水でよく濯げばOK!
9.そのまま脱水して干します。

<参考>
石けん百科 煮洗いの方法
http://www.live-science.com/honkan/intro/niarai.html
やってみました!違いがわかりますか?ホント感激しました!
前の状態 煮洗い後
パジャマ パジャマ
襟の汚れ、黄ばみ きれいに落ちました
パンツ パンツ
パンツの黄ばみ パンツも白く
布巾 布巾
黒ずんだフキン 自然な白さに!除菌も完了!
違いがわかりますか?画像が悪くてすみません。

戻る