戻る

生活クラブ機関誌「今月の風」掲載の記事
ラ・フランスの書いた記事が、生活クラブ生活協同組合発行の、
単協機関誌「今月の風」の12月1日号に載りました。
掲載許可がもらえましたので、ここに紹介します。
せっけん派が増えて欲しい!!
                  拠点としての石けんセンター


 生活クラブの石けんセンターは、一般の人にせっけんを普及させるため、
長野県内41ヶ所にあります。1997年11月に開設して4年が経過し、
せっけん利用者の数も年々増えています。お友達にせっけんを薦める時や、
プレゼントにも是非、利用して下さい。

■■ テレビコマーシャル ■■ 

 せっけんを普及させていく上で、一番の問題は、テレビのコマーシャルだと思います。
有名な俳優夫婦を起用して、「お母さん、毎日シャンプーをする時、お子さんの地肌にも気を
使っていますか?育ち盛りの地肌は汗っかきで繊細。弱酸性のメリットで洗ってあげて下さい。」
と言われたら、そんな気になりませんか?

 人気ナンバーワン俳優が、「男のアブラを落とせ!」と言います。
「にきびにはクレアラシル」 中・高生はそれを見て、「そうか、そうなんだ。」と
自分のお小遣いで買うそうです。

 主婦も同じですね。「スポンジも除菌できます。」「100%、植物成分からできています。」
「モイスチャーミルク成分を1/4配合、一週間でお肌の状態が変わってきます。」
そんな宣伝文句に、誰でも心を動かされます。
しかし、本当にそんなに良い物なのでしょうか?

 みなさんが持っている、「せっけんのイメージ」は、どんな物ですか?
「臭い?」「溶けにくい?」「汚れが落ちない?」「せっけんで髪の毛や顔を洗うなんて、
信じられない?」…と言ったところでしょうか?

 実はせっけんも、昔に比べるとかなり良くなってきています。
しかし、ほとんど宣伝をしないので、みなさんに伝わり難いだけのなです。
最近のせっけん製品は原料油脂を「植物性」に替えて臭いも少なくなったり、
製造技術の向上で溶けやすくなったり、洗浄力も良くなったりと、どんどん使い易く
なってきているのです。ご存知でしたか?

 おまけに合成洗剤は、各メーカーとも「スポンジも除菌できます」と言って、
今までの使用量の約10倍の量を使わせるように、表示をしています。
(ボトルの裏を読んでみて下さい。)

 それに対してせっけんは、泡を作るポンプを使って「泡状」にする事により、
通常3g出る液体せっけんが、1gで済みます。
しかも、原液の15倍の泡になって出るので、食器を洗う時にも滑らなくなりますし、
洗顔やシャンプーは泡立てる手間が要りません。結果、使い過ぎが防げるという事は、
せっけんの方が経済的だと言うことです。

 我家でも以前は、台所用の液体せっけんを、月に一度は詰め替えていました。
しかし、泡ボトルを使うようになってから、3ヶ月に一度、詰め替えれば良くなりました。

■■ 弱酸性?! ■■ 

 知人が「生活クラブの固型せっけんで顔を洗うと、お化粧がきれいに落ちるわよ。」と
友達に話したところ、「弱酸性じゃないからダメよ!」と言われ、返す言葉がなかった…。
と話してくれました。肌は、確かに弱酸性です。だから、弱アルカリ性のせっけんで洗っても、
肌の上で中和されて無害になります。

 しかし、市販の「弱酸性の…」「手肌にやさしい…」「アミノ酸系の洗浄成分」と
うたわれる合成洗剤は、皮膚から体内に浸透して行きます。
そして、肝臓や腎臓に悪影響があるのです。

 「酸性」か「アルカリ性」か?ではなく、「せっけん」か「合成洗剤」か?なのです。


 みなさん、温泉に入りますか?実は、ほとんどの温泉が弱アルカリ泉です。
温泉場の奥さん達は、肌がスベスベだと言います。それは、弱アルカリの温泉で、
皮膚表面の角質が適度に柔らかくなり、取り除かれるのでスベスベになるのです。
せっけんも「弱アルカリ性」です。と言う事は、適度に汚れを落とし、肌のうるおいを
守っているのです。あれ?テレビコマーシャルの弱酸性はなんだろう?と思いませんか?

■■ シャンプーのポイント ■■

 みなさんが、せっけんシャンプーでつまずくのは、洗うときの指通りの悪さだと思います。
ポイントは、ブラシを使うことです。まず、ブラシで梳かしながらシャワーをかけて、髪の毛を
しっかり濡らして下さい。それから、シャンプーをつけて地肌を洗います。すすぐ時も、
シャワーをかけながらブラしで梳かし洗い流します。リンスは、洗面器に少し入れて
お湯をたして薄め、髪全体にかけます。すすぎは、シャンプーと同じです。
みなさんも、是非やってみて下さい。

■■ せっけん普及活動と私 ■■
  私は、茅野市で理容業をしています。「職業病だから仕方がない。」と、お医者さんから
言われ続け、16年間も手のかぶれや荒れに悩んできました。
ビニール手袋がなくては、炊事・洗濯・掃除など、何もできない状態でした。

しかし、せっけんに替えてから、ウソのようにきれいな手になり、今ではお客様にも
せっけんシャンプーとリンスを使っています。髭を剃るのもせっけんです。
お客様には、「なぜ、手がきれいになったのか」「なぜ、せっけんが良いのか」自分が
体験した事を話しながら仕事をしています。

 私が、せっけん普及活動に力を入れるようになったのは、3年前「柿の葉会」の勉強会に
参加し、市販の洗剤の危険性を知ったからです。合成界面活性剤(せっけん以外の物)は、
皮膚から体内に浸透し、肝臓や腎臓にも影響があり、へその緒からも検出される。

洗顔料やシャンプー・リンスも合成洗剤であると解かり、怖くなってその日から顔は
固型せっけん、髪はウィルケアせっけんシャンプーに替えました。
それから3週間後、ふと気が付くと、手のかぶれが治って来ていたのです。

 せっけんの良さを解かって頂けると、お客様もすぐにせっけんシャンプーを買っていかれます。
今までに何人もの方が、せっけん生活に変わりました。とても評判が良く「髪にハリが出た。」
「髪の毛が増えた。」「フケが出なくなった。」「かゆみが無くなった。」と喜ばれています。
固型せっけんを使うようになった奥さんも、「肌の状態が凄く良い。十年後、二十年後の肌が
違ってくるかも。」とおっしゃっていました。さぁ、みなさんも、せっけん生活をしましょう!

<無断転載禁止> 

戻る