戻る

せっけん購入編

 せっけんを使ってみたい・・・そう思ったらまず「自分に合うせっけん」を選ばないと、「あぁやっぱりせっけんはダメ!」となってしまいます。
 一口にせっけんと言っても、色々なメーカーから発売されていますし、色、香り、泡立ち、形状、使用感、原料、お値段などなど本当に様々ですから、自分の好み、生活パターン、使い勝手、肌の状態、懐具合などで、これっていうせっけんを捜しましょう。この「せっけん探し」って結構楽しいんですよ。
 私達は次から次へと、いろいろな物を使ってみて、「これはいいー感じ」とか、「ちょっと匂いが・・・」なんて言いながら楽しんでます。でも、中には、複合せっけんなんていうのもありますので、気をつけて下さいね。とりあえず、近くのお店に行ってせっけんがあるか捜してみて下さい。デパートや百貨店だと品揃えがいい所もあります。他に雑貨店や、ホームセンター、アロマのお店なんかにもあります。大型店でも置いてなかったり、置いてあっても、隅の方とか、合成洗剤と混ざっているから、どれが無添加せっけんか、せっけんではないか、わからないことが多いです。
 私も以前お店の人に「せっけんはありますか?」と聞いたら、「ここにありますよ」と自信を持って合成洗剤を教えてもらいました。(^^;) ですから、買う前にちょっと予備知識が必要なんですよ。ここでは本物のせっけんを使ってもらいたいので、私達のせっけんの選び方を紹介します。

購入例>

1、信頼のできるせっけんメーカーを調べましょう。
 せっけん製品だけ作っている会社と、合成洗剤も作っている会社があります。まず製造会社名で選ぶというのも1つの手です。せっかくですから、ネット上でいろいろ調べてみましょう。
せっけんはインターネットでも手に入れる事ができますので調べて見てください。様々なサイトがありますが、私が利用したことのあるサイトを紹介します。
 ここで取り扱っている商品、メーカーは私もお気に入りですので、一度訪れてみてください。
そして、せっけんメーカーを覚えておくと、お店に行った時に失敗が少ないです。

☆石けん百貨
2、パッケージ(容器)のラベルの表示を見ましょう。
          
 表の表示が、「○○のせっけん」「××から作ったせっけん」とあっても、ちゃんと裏の成分表示まで見て買った方がいいですね。

○固形せっけんの場合
 製品の名前が、純せっけん、無添加せっけん、洗濯用せっけんなど色々なネーミングがあります。
ポイントは、裏の成分表示です。脂肪酸ナトリウム(純せっけん分)が98%以上のものでしたら、洗濯用とか台所用、ふきん洗いせっけんとか書いてあっても色々に使えます。指定成分など入っていない物がお薦めです。

○液体せっけんの場合
 製品の名前は、食器洗いせっけん、台所用せっけんなどです。液体の分固形よりも純せっけん分は少なく、脂肪酸カリウムが20〜40%になります。これも、指定成分など余計な添加物の入っていないものをお薦めします。

○粉せっけんの場合
 これも、固形せっけんと同じです。脂肪酸ナトリウム(純せっけん分)が98%以上の無添加せっけんでしたら、洗濯だけでなく台所などでも使えます。ただ、洗濯用に限っては、使い勝手と汚れ落ちの面で、純せっけん分の他に炭酸塩(アルカリ剤)が20〜30%入ったものもお薦めです。炭酸塩が入っていたほうが、洗濯機を使った洗濯においては使い易いです。我家でも、汚れ落ちがいいし、使いやすいので、炭酸塩入りの粒状せっけんを使ってます。なお、炭酸塩が入っている粉せっけんは水に溶けやすく、汚れもよく落ちますが、絹・毛などには使用できません。また、無添加せっけんの方が仕上がりは柔らかです。
3、生活クラブに入る
                       
 実は我家はこの方法で、ほとんどのせっけんを手に入れています。
 生活クラブ員になると、安く、手間が掛からず、良質のせっけんが手に入ります。提携先のメーカーはエスケー石鹸鰍ナ、そこの市販品と同等の製品が生活クラブ品として、安価で購入できます。
 これを目的でクラブ員になる人もいますから、興味がある人はお近くの生活クラブに問い合わせて見てください。あくまでも、これは特別な方法ですので、入会を勧めているわけではありません。
「私のせっけん紹介」を参考にして下さい。

戻る

トップに戻る