■MGC レミントン M31RS2用グリップ自作

「大都会PART III」で黒岩刑事が使用していたショットガン「MGC M31RS」は今でも憧れのモデルガンです。


これは数年前から所有している、お気に入りショットガン
先日、遠出した時に寄ったお店で、
ストックタイプのM31RS2(ジャンク品)が、
2丁セットで3,980円で売っていたので迷わず購入しました。

ただ、既に、ストックタイプのM31RS2は2丁所有しているので、
大都会で使用していたピストルグリップタイプに変更します。

ちなみに、所有しているモデルガンは、
全てM31RS2で樹脂モデルです。
金属製のM31RSは残念ながら所有していません。
大都会で使用されていたような電着式っぽい改造や、
バレル延長もしていません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

▼バレルカット▼

既に所有しているモデルガンは、数万円で購入しているので、先端をカットしてM31RS風にするには勿体無いですが、
今回ジャンク品で購入した2個で3,980円なら改造しても惜しくないので、チャレンジしてみます。


マスキングテープでカットする部分を決めます。

パイプカッターを利用して・・・

クルクル回して先端の樹脂をカットしてます。


こんな感じに簡単にカット出来ました。

先端を研磨して綺麗にしたら出来上がりです。

▼グリッブ製作▼


これは、既に所有していた当時のグリップ部分です。
グリップ製作と言っても、
当時と同等な材質で丁寧に仕上げる気持ちは一切ありません。

モデルガンを飾ってガングリップタイプの
ショットガンを遠くから眺めたいだけの、低価格重視の工作です。

ちなみに数十年前、硬い素材を使ってグリップを作ろうと
ノゴキリと棒ヤスリだけでコツコツと手作業で作っていましたが、
途中で挫折した思い出があります。


ダイソーで購入したMDF材を利用します。

レーザー加工機で似たようなサイズを6枚カットします。


レーザー加工機のお蔭で15分程度でカットが出来上がり。

焦げが気になりますか、あとで研磨します。

全てを重ねると、こんな感じです。


実物と比較すると、それなりに似ています。

木工用ボンドを薄く塗って・・・

6枚を重ねてマスキングテープで仮固定します。


スコッチの「ナイロンたわし」と、
タジマの「サンダー」を使って削ります。

ここからは、地道にコツコツと嫌々になりながら
実物のサイズに近づけるように研磨します。

MDFなので、他の木材に比べると削りやすく
それなりに形が出来上がってきました。


更に削って丸みを出します。

内側に大きな穴を開けます。

試しに取付けてサイズ確認中〜


水性ニスを利用して表面を茶色っぽくします。

硬化後に更に研磨して表面を滑らかにします。

更に水性ニスを塗り重ねます。

元々、MDF材が研磨と塗装に向いているのか疑問な部分はありますが、レーザー加工で手軽に成形できるのは助かります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

■完成■


これで、ショットガンのコレクションが増えました。

後日、「大都会PARTIII」風にバレル延長するかは検討中です。

材料費700円程度で2個のグリップが完成したので、
まぁまぁ満足しています。気が向いたら、もう少し研磨して
表面の凸凹を減らしたいです。

それにしても、低価格なモデルガンが入手出来たことは大満足でした。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

戻る