○月○日○曜日 明日へつながる今日という、特別な一日

今日は日々の慌しい日常から自分を解放したくて、ますやまペンションにやってきた。東京から車で約2時間。都心からそう離れてはいないけど、ずっと遠くに来たような感覚。私は一人、緑溢れる八ヶ岳で久しぶりにのんびりとした休日を過ごすことができた。私の心を何より癒してくれたのが、オーナーとママの飾らない笑顔。二人から流れている空気ってすごくやわらかいんだよ。ふんわりしているんだ。
ダイニングには、古いレコードから心地よい音楽が流れている。
昼間はどこに出かけるでもなくそこに座っているだけだったが、それだけで心が落ち着いた。オーナーとママもここの空間がすごく好きみたいで、毎日ここにいたら気持ちも穏やかになるんだろうなって思う。二人はとっても仲が良くて、いつか自分もこの二人みたいな“二人”になれたら幸せだろうな。周りの人々みんなに幸せな時間を届けることができると思う。
夕食はちょっぴり贅沢な気分になれたひとときだった。普段、野菜不足の私にとってはうれしい、フレッシュな料理を出してくれた。聞いてみると野菜はほとんどが自家製で、採れたての野菜には太陽のくれた甘みがたっぷりと入っているんだとか。それもそのはず、八ヶ岳の空気は本当に澄み切っていて何度も深呼吸をしたくなるところ。
朝はいつもと違った目覚めの中で、心も身体もリセットされた気がした。この感覚を求めに、私はきっとまたここへやってくるんだろう。この日記を書きながらそう思った。
ありがとう、ますやまペンション。また来ます。