霧ヶ峰自然保護センターでは、多くの方に霧ヶ峰の素晴らしさやその大切さを伝えるために、 団体向けのプログラムを用意しています。霧ヶ峰の自然や動植物、歴史、また霧ヶ峰が抱える問題点など、センター職員がわかりやすくお伝えします。 学校の学習活動、山の会やボランティア団体などの研修活動などでご利用ください。

1 利用について (1) プログラム実施日・時間について
当センターが開館している時間内でお願いしております。
開 館 日 : 4月15日〜11月15日
休 館 日 : 水曜日 (水曜日が祝日の場合はその翌日)
開館時間 : 午前9時00分から午後4時00分まで

※晴天時のみ・雨天時のみに団体プログラムを利用したい、という要望の場合も受け入れております。 団体利用申込書の『天候』という欄がございますので、そちらへご記入ください。

(2) 利用可能人数
当プログラムは5名以上より受け付けております。70名を超える団体は、『よくある質問』をご覧ください。

(3) 研修室プログラム : 定員70名
(4) 館内見学 : 定員100名
(5) 料  金 : 無料
(6) 対  象 : 年齢不問

2 おすすめプラン (1) 1時間コース
レンジャートーク(15分)+ビデオ上映(15分)+館内見学(30分)

(2) 30分コース
レンジャートーク(15分)+館内見学(15分)
3 プログラム内容 (1) レンジャートーク (所要時間 : 15分) 場所:研修室
霧ヶ峰の動植物のお話や全般についてレンジャーがお話をします。こんなことを詳しく知りたい、学びたいと具体的なテーマがある場合は、センター職員までご相談ください。
(2) 霧ヶ峰ビデオ上映 (所要時間 : 15分〜) 場所:研修室
「じっくり霧ヶ峰」 : 霧ヶ峰の四季の様子や霧ヶ峰の動植物、歴史について紹介したビデオ。【15分】
「ヤマナシじいさんから聞いた霧ヶ峰物語」 : 霧ヶ峰と人とが関わってきた歴史や自然について、旧御射山神社にあるヤマナシの老木が語りかける。 物語のベースは諏訪地域の小中学生が作成。【ダイジェスト編 15分 ※本編を見たい方はご相談ください(48分)】
(3) 館内見学 (所要時間 : 15分〜) 場所:展示室
館内には霧ヶ峰の自然(草原、湿原、樹叢)、歴史、気候についてのパネル展示がある他、 霧ヶ峰一帯のジオラマや動物の剥製なども置いてあります。こちらのプログラムは自由見学となります。

4 申し込み方法 (1) 電話で希望日時の予約状況をご確認ください。仮予約も受け付けています。
(2) 空きがあれば団体利用申込書に必要事項を記入し、FAXもしくはE-mailでセンターまでお送りください。
(3) FAXが届き次第、折り返しセンター職員から内容確認のご連絡をいたします。

※ご予約は、先着順なっております。あらかじめご了承ください。
※キャンセルされる場合は、センターまでご連絡ください。
※仮予約後、団体利用申込書をできるだけ早くセンターまでお送りください。
●団体利用申込書(エクセル形式PDF形式

●連絡先:霧ヶ峰自然保護センター
TEL/FAX:0266-53-6456
E-mail:kirigamine-vc@po30.lcv.ne.jp


※長野県霧ヶ峰自然保護センターは例年11月16日から翌年4月14日までの間、冬期休館しております。 冬期休館中、霧ヶ峰自然保護センターの職員は諏訪地域振興局環境課にて勤務しております。電話はセンターから諏訪地域振興局環境課へ転送されます。FAXは諏訪地域振興局環境課(0266-57-2968)へ送信願います。

5 よくある質問 Q. 団体プログラムを雨天時のみ利用したいのですが、可能でしょうか。
A. 可能です。団体利用申込書の中に天候欄がございますので、そちらの「B雨天時のみ利用」の箇所に印をつけてください。

Q. 雨天時に、研修室で昼食をとってもよいですか?
A. はい。研修室での飲食は可能です。ただし、机や椅子の数が限られていますので、人数が多い場合は椅子等をご利用できない場合がございます。 なお、昼食で研修室を利用される場合も団体予約が必要になります。

Q. 団体プログラムはどのくらいの時間使えますか?
A .多くの方々にご利用してもらえるよう、一団体につき2時間以内でお願いさせていただいております。

Q. 70名を超える団体ですが、参加できますか?
A. 研修室の定員は70名になりますので、人数が70名を超える場合は、 2つのグループに分け、研修室(30分)と館内見学(30分)を入れ替えて実施します。

※霧ヶ峰は八ヶ岳中信高原国定公園の一部です。霧ヶ峰を歩かれる場合は『霧ヶ峰を訪れる方へのお願い』をよくお読みください。
※PDF形式のデータをご覧頂くには、Adobe社のAcrobat Readerをダウンロードしていただく必要がある場合がございます。 (ダウンロード方法の詳しい説明をご覧なりたい方はこちらからどうぞ。) Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。