HOME
サイトマップ
霧ヶ峰へのアクセス
霧ヶ峰の地図
map_kirigamine
(pdf 1101KB)
霧ヶ峰の
各種概要と魅力
霧ヶ峰動植物図鑑
■植物図鑑
■動物図鑑
霧ヶ峰の現状と課題
地方の元気再生事業
霧ヶ峰での研究
霧ヶ峰の楽しみ方
携帯サイト
http://www.lcv.ne.jp/~kiriport/keitai/index.html

霧ヶ峰の植物 春・夏 秋・初冬の植物
kirigamine no syokubutsu haru & natsu

ザゼンソウ
Symplocarpus renifolius
暗紫 4~5月。花序(かじょ)の様子を座禅僧に見立てたもの。水湿地に生える多年草で、花序(かじょ)は葉に先立って開く。
ショウジョウバカマ
Heloniopsis orientalis
淡紅 5~6月。和名は花を猩々(しょうじょう)の赤い顔に、葉を袴に見立てたものという。しばしば葉先に子苗ができる。
フデリンドウ
Gentiana zollingeri
青紫 4~6月。日当たりのよい草地や明るい林下に生える。花が閉じていると筆の穂先を思わせる形となることからこの名がついている。
ヒメイチゲ
Maianthemum dilatatum
5~6月。亜高山帯から高山帯に生える多年草。高さ5~15cm。花茎の先に直径約1cmの白花が1個開く。
マイヅルソウ
Maianthemum dilatatum
5~6月。山地から亜高山帯の針葉樹林内に生える多年草。葉を2個広げた姿を鶴の舞う姿にたとえた。
スズラン
Convallaria keiskei
6月。別名キミカゲソウ。10個ほどの花を総状につけ、葉より低い位置で咲き、芳香がある。果実は赤く熟す。
クリンソウ
Primura japonica
紅紫 6月。山地の湿り気のあるところに生える多年草。高さ40~80cmの花茎に、2~5段輪状に花をつける。
アヤメ
Iris sanguinea
6~7月。和名は葉のつき方が文目模様に似ているため。この仲間で他にキリガミネヒオウギアヤメ等がある。
コバイケイソウ
Veratrum grandiflorum
緑白 6~7月。山地から亜高山帯の湿原に群生する。和名は花が梅に似て、葉がケイランに似ていることによる。
ノアザミ
Cirsium japonicum
紅紫 6~9月。山野にごくふつうに見られる。総苞片(そうほうへん)は直立し、粘着する。霧ヶ峰では「あざみの歌」が有名。
ニッコウキスゲ
Hemerocallis esculenta
橙黄 7月。別名ゼンテイカ。霧ヶ峰を代表する植物。茎頂に3~10個の花をつける。花は朝開花し、夕方閉じる。
ハクサンフウロ
Geranium yesoense var. nipponicum
淡紅 7~8月。霧ヶ峰にあるフウロソウのひとつ。葉は幅5~10cmで掌状に5~7裂し、裏面に粗毛がある。