HOME
サイトマップ
霧ヶ峰へのアクセス
霧ヶ峰の地図
map_kirigamine
(pdf 1101KB)
霧ヶ峰の
各種概要と魅力
霧ヶ峰動植物図鑑
■植物図鑑
■動物図鑑
霧ヶ峰の現状と課題
地方の元気再生事業
霧ヶ峰での研究
霧ヶ峰の楽しみ方
携帯サイト
http://www.lcv.ne.jp/~kiriport/keitai/index.html
霧ヶ峰の様々な楽しみ方 - 歩く 戻る
kirigamine no tanoshimi
■ 霧ヶ峰自然保護センター

霧ヶ峰インターチェンジ~園地~ゴマ石山~車山肩~車山湿原~沢渡~留塚~霧ヶ峰インターチェンジ
ゆるやかな傾斜が続き、歩きやすいコースです。
出発点の霧ヶ峰インターチェンジには霧ヶ峰自然保護センターがあるので、散策路マップや花の情報を収集しましょう。園地からゴマ石山への向かう途中では八島ヶ原湿原が見渡せます。
車山湿原では草原と湿原が広がり、開放感が味わえる場所です。6月中旬~7月上旬にはレンゲツツジやコバイケイソウが沢山咲き、とても美しい景色となります。沢渡からは林道となり、森林性の花も見られ、草原とはまた違った楽しみが味わえます。(3時間ほど)

■ 車山ビジターセンター

◆車山湿原周回コース
車山肩をスタートし、車山湿原を反時計回りに廻り、沢渡を経由して車山肩に戻る周回コースです。 草原あり、湿原あり、樹叢あり、と、霧ヶ峰の三大自然満喫コースです。 湿原を間近で見ることができ、花の種類が豊富で、 野鳥も多く観察できます。約70分の自然観察コースです。インタープリター(自然解説員)と一緒に夜の霧ヶ峰を散策します。

◆日本中央分水嶺
車山山麓から入る信濃路自然歩道を登り、白樺湖分岐から更に防火帯を登ります。 すると、日本海に流れ込む日本最長の千曲川と太平洋に流れ込む天竜川の 水の分かれ道、日本中央分水嶺に立つことができます。 分水嶺をそのまま白樺湖へ降り、自然歩道で車山高原山麓へ戻るコースです。 周りには八ヶ岳連峰をはじめ、浅間山や南アルプスまでも見渡せ、 静かにハイキングできる穴場スポットです。

■ 八島ビジターセンター

◆踊場湿原1周~(薙鎌神社)
1周1時間ほどのこの湿原は、静かでのんびりとした散策が楽しめるコースです。
霧ヶ峰にある3つの高層湿原の1つで、中でも一番訪れる方が少なく、知る人ぞ知る場所となっています。その散策路沿いには可愛らしい花が咲き、沢山の植物を観察できます。時間のある方はそこから15分ほど坂を上り、薙鎌神社に立ち寄るのもいいでしょう。霧ヶ峰で唯一、諏訪湖と富士山が眺望できる場所で、素晴らしい眺めが見られます。夕暮れどきがおすすめです。(1時間40分ほど)




◆観音沢
観音沢は八島ヶ原湿原と車山湿原から流れ出す水によって、霧ヶ峰の台地に刻みこまれた深い渓谷。八島湿原を起点に、草原とは一味も二味も違う渓流の散策を楽しめます。周囲にはモミなどを含む原生的な雰囲気のある森林が広がり、諏訪大社下社の御柱の木を伐採する森としても有名です。八島湿原から歩いて40分ほどのところには屏風岩と呼ばれるおおきな岩壁がそびえたち、その中腹には観音様が祭られています。春は新緑、秋は紅葉を眺めつつちょっと渋めの散策をお楽しみください。