HOME
サイトマップ
霧ヶ峰へのアクセス
霧ヶ峰の地図
map_kirigamine
(pdf 1101KB)
霧ヶ峰の
各種概要と魅力
霧ヶ峰動植物図鑑
■植物図鑑
■動物図鑑
霧ヶ峰の現状と課題
地方の元気再生事業
霧ヶ峰での研究
霧ヶ峰の楽しみ方
携帯サイト
http://www.lcv.ne.jp/~kiriport/keitai/index.html

霧ヶ峰の動物 動物図鑑2(下記掲載以外の動物)
kirigamine no doubutu

.哺乳類
ニホンジカ ホンドギツネ ハタネズミ

近年、霧ヶ峰でも見られるようになってきた。
秋の夕暮れには、オスジカの鳴き声が草原から聞こえてくる

夜行性の動物で、日没や早朝によく行動している。森に巣穴をつくり、 草原ではネズミや昆虫などを捕って生活をしている。

草原性のネズミで、土中に巣穴を作って生活している。
キツネやテン、チョウゲンボウといった動物の大事な食料源となっている。

鳥類
ノビタキ ベニマシコ ビンズイ

草原性の鳥類で、霧ヶ峰を代表する鳥の一種である。
春に南方から渡ってくる渡り鳥で、初秋まで見られる。

真冬の白銀の世界で見られる、赤色の羽が目立つ冬鳥。
同じアトリ科のハギマシコも霧ヶ峰にやってくる。

胸からわきにかけて、黒い縦の模様が並んでいる。
木の梢や枝先などの目立つ場所にとまって、鳴く姿がよく見られる

ヒョウモンチョウの仲間 クジャクチョウ アサギマダラ

オレンジの地に、黒い斑点がついた蝶で、霧ヶ峰では似たような種類がいくつか飛んでいる。 近年はヒョウモンチョウ類のような草原性の蝶が減少してきている。

大変色鮮やかな蝶で、孔雀の名がついている。
寒地性の蝶である。

旅をする蝶と呼ばれ、毎年南の方から飛んでやってくる。 ヨツバヒヨドリが好物で、蜜を吸う姿が見られる。

哺乳類写真:両角源美氏撮影
※無断でコピー、転載を禁止する