御触書&横顔
トップに戻る

わたしは海を隔てて、エルヴィス・プレスリーとほとんど時を同じに呱々の声をあげる。

かれはロック、われはレンク(連句)と道をたがえ、現在もそれぞれ異なった「領域」に

ただよっている。


古い短詩形の革嚢に新しい酒ならぬ、新しい言葉を注ぎ込んで、醸成につとめる。本

名はさておき、俳号硯水のほか、河童のハンドルネームをもつ。


「賞罰あり」―。青年のみぎり、日野コンテッサ号にてスピード違反を引き起こし、千円

の罰金をくう。賞は「現代詩手帳賞」、長野文学賞・詩部門賞、「国民文化祭」連句部門

の大賞11回(別に連衆として3回受賞)、芭蕉祭連句特選2回などなど。8歳から句を

ひねって2万句をかぞえ、連句の捌は700巻ほどになるが、むろんただ多ければよいと

言うものでもない。

「河童連句会」を主宰。「連句協会」に所属する。



なお当ホームページの連句付句の著作権はそれぞれの作者に帰属し、すでに各地の

大会作品集において発表されています。その他、無署名の詩やエッセー、俳句などは管

理人の著したものであり、管理人に帰属することを申し添えます。

                                         (since 02/02/20)

                  □ □ □ □ □