原村星まつり参加上のご注意(更新中です 2017.08.06)  八ヶ岳自然文化園を上空から見る(リンク)

下記の注意事項をご理解の上ご参加ください。   (サマーホリデーin原村星まつり実行委員会)

 会場内で運営スタッフの指示及び注意事項に従わない場合、他の参加者及び出展社及び出演者に対しご迷惑となる行為を行われた場合、その他主催者が禁止する行為があった場合には対象者と同行者全員の入園をお断りする事や退園を求める事があり、その際身分証明書などの確認をさせて頂く場合があります。


 ◎この会場は普段、原村振興公社の運営で原村八ヶ岳自然文化園として営業しています。星まつりの為に特に便宜をはかって会場提供を頂いています。

 ◎自然文化園は通常営業をしています、天文ファンだけの会場ではありません

 ◎午前7時(星まつり期間の特例です)に入口を開錠するまで道路などに並ぶことは禁止します:開園は通常の午前9時ですのでトイレ等の施設利用はできません。星まつりの開会時刻は金曜日午後5時(17:00)です、閉会時刻は日曜日午前9時(09:00)です。早すぎる来場はお控えください。

 ◎八ヶ岳自然文化園は常時いろいろな事業を開催しています、特に夏の時期には毎日夜の野外映画会【星空の映画祭:有料】が開催されています、夜11時頃までは営業していますので勝手な駐車は迷惑です:2017年は開錠までの15時間を超える1台の長時間不法駐車で観光営業に大きな損害を被りました(入り口を占拠されたため野外映画客送迎のバスに影響がでました)。

 ◎駐車できる台数には限界があります(※既に何年も前から限界を迎えております・・・が・・・)。

 ◎特に夜間の来園は駐車場案内が出来ません。

 ◎レストラン営業駐車エリアや身体障害者等用駐車エリアは忖度願います。

 ◎満車の場合は、空きが出るまでお待ちいただくか、時間をずらして再度お越しください。ご利用者は忖度願います。(2017.07.28)

 ◎自然文化園の動植物の採取は禁止です。ペットお連れの方、星まつり期間でも特別な扱いはありません、通常の規定です。

 ◎自然文化園はキャンプ場ではありません

 ◎花火とシャボン玉は厳禁です。

 ◎喫煙は、園内では指定場所でのみ可能です(レストラントイレ前一カ所:ロビー北側出口一カ所)。

 ◎ごみはお持ち帰りください。

 ◎夜間開場するのは、この星まつりの期間中及び特別な観望会だけです。 

 ◎観望エリア内に設置されている、「お体がご不自由な方の優しいスペース」に健常者の駐車はお控えください。(2013.08.09up)

 ◎星まつり当日は受付にて受付登録をして下さい(無料)。抽選カードをお渡しします。初日は午後1時頃より開始します。

 ◎近隣にペンションビレッジ・別荘がありますので、路上駐車などして迷惑等をかけることのないようにお願い致します。

 ◎原村の温泉「ふれあいセンターもみの湯」が営業しています。(10時〜21時30分まで):大人500円・小人300円ご利用下さい。

 ◎お食事は自然文化園内のレストランが便利です。レストラン前の駐車場はレストラン利用のための営業スペースです。

 ◎園内の夜間は暗くしてあります。小型の懐中電灯をお持ちください。ご使用の際は、望遠鏡や人に向けないでください。(2017.07.30)

 ◎夜間はパターゴルフ場、マレットゴルフ場、グレステンスキー場へは入れません。

 ◎夜間の車両移動は周辺への注意を怠りなくしてください、地面に横になっている観測者がいます。

 ◎原村八ヶ岳自然文化園内では、原村または振興公社の許可のない出店・ブースのまた貸し・寄付金集め・募金などを禁止します。

 ◎原村八ヶ岳自然文化園内では、原村または振興公社の許可のない飲食物の振る舞いは園の自販機・売店に影響しますし衛生上の不安があります、ご遠慮ください。

 ◎「睡眠を適度にとり、無理をしないこと」:「食事はきちんととること」。過度の飲酒はトラブルの元です、未成年の運営スタッフや参加者が大勢います。青少年の健全育成のため協力をお願いします(追記:2012.08.06)。

 ◎トイレは綺麗に使いましょう。

 ◎スタッフ以外の夜間の館内立ち入りはご遠慮ください(ロビーのトイレ・電話はご利用できます)。夜間の警備システムが以前より複雑になっていますのでスタッフ向けエリア以外に立ち入られますと警備会社に自動通報され警備員が急行します。 ◎館内宿泊はスタッフのみです。(2012.08.06up)

 ◎運営スタッフのほとんどは諏訪地方を中心とした天文愛好家のボランティアです。施設に関するご意見・ご要望などの対応は星まつり受付ブースでは承り出来かねます。(追記 2012.08.06)

 ◎最終日は、朝9時より自然文化園の通常の営業に戻りますので、ご協力をお願い致します。

 ◎飲食物,フリーマーケット系の出店は星まつりの特質上,当初よりご遠慮いただいています。(2014.05.16) 

 ◎原村八ヶ岳自然文化園内では【野生動物用電気柵】は使用しておりません、ご安心ください。しかし近隣の農園や圃場で使用している所もありますので園外で天体撮影の場合などはご注意ください。(2015.07.20 up) 

 ◎原村八ヶ岳自然文化園内では、原村または振興公社の許可のないエンジン式発電機の使用を制限致します。また駐車場内ではキャンピングカー内蔵及び積載のエンジン式発電機も使用をお控えください、その際発電だけのための車両エンジン運転もお控えください(近隣は宿泊施設です)。(2013.08.17up)

 ◎星まつり期間中、会場でのレーザーポインターの使用はお控えください。(2013.08.05 up)

 ◎ハイパワーレーザーポインターの販売は制限されています。個人様が出店社様に持ちこむこともお控えください。(2013.08.05 up)

 ◎モラルの問題ですが、出店社様の開店準備中にジャンク箱(お宝箱とも言いますが)を箱ごと押し買いする行為はお控えください。

 ◎観望エリアはアマチュア用のエリアです、できるだけ多くの参加者ご持参の機材を収容したいと思います。手作り・大型望遠鏡などこだわりのある機材歓迎です。エリアの参加者(参加機材)のご紹介(ちゃっきりさんの機材紹介:諸事情で出来ないときもあります)を随時行います。駐車エリアに車両1台の限られたスペースです、周囲と協調しましょう。(人の集まるところには暗黙のルールもあります、お一人で車両多数台分の使用などの独りよがりな設置は星まつりの存続を危うくします)(2012.08.06up)。

 ◎駐車場は振興公社管理です。 (追記 2004.07.17) ◎係員の指示に従ってください(追記 2006.07.17)

 ◎出展社用駐車エリアは許可証番号管理でされていますので、出展社以外の駐車はご遠慮ください。

 ◎園内駐車場は一方通行(地面に矢印があります)です、出車口よりの入車は禁止です。

 ◎芝生広場の臨時駐車場の開場は初日の午後3時からとなります。芝生広場の臨時駐車場内では宿泊用テント設営は禁止です。

 ◎会場内の駐車場・園外第2駐車場・芝生広場イベント広場の臨時駐車場は、星まつり前日からの駐車はできません。

 ◎オートマチック車が増えています、観望エリア近くの駐車場では夜間の長時間のブレーキ操作とヘッドライト点灯にはご注意ください、観測の光害となります。

 ◎夜間は、近隣への騒音を考え、車両防犯システムの大音量設定はご遠慮ください。(2012.08.06up)

 ◎園内の駐車場は例年、初日の午前中には満車となります(園内駐車場初日の開場は午前7時予定です)。

 ◎満車の場合、園外の第2駐車場、または、芝生広場の臨時駐車場をご利用ください。全て満車の場合はしばらくしてご来場ください。

 ◎初日(金)の芝生広場臨時駐車場使用開始は、15時からとなります。芝生広場使用可能時間は、最終日(日)の午前10時までとなります。

 ◎夕方からはさらに来場者が増えてくるため、暗くなり始める19時頃からは、来場者の安全確保のため、園内駐車場への進入を制限させていただきます。その場合、園外第2駐車場か芝生広場イベント広場をご利用ください。(2007.07.07 UP)

 ◎キャンピングカー(駐車目的に限る)やマイクロバスなど芝生を傷める恐れのあるタイヤパターンや重量級の車両や低床車などの車両は園外駐車場(図の右下)をご利用ください。また牽引型キャンピングカーは入園をご遠慮ください(昨年の例ですが利用者お二人の牽引型キャンピングカーは普通車5台分の土地を使いました)、駐車場が大幅に不足しています(更新 2014.04.07)

 ◎星まつり期間中は駐車場が極端に不足しますのでキャンピングカーでのお楽しみを企画の方は村内に設置された有料専用エリアのご利用が可能です、原村八ヶ岳自然文化園の駐車場はオートキャンピング場ではありません。(2016.08.25 up)

 ◎星空が近いRVパーク:樅の木荘横に完成:キャンピングカーの滞在施設です。(2015.07.28 up)

 ◎星まつり以外の来園者さんより、椅子やコーンを立てて駐車場の場所取りをしている所があるが朝から午後になるまで空いているんだったら提供して欲しい、・・・とのご意見がありました。振興公社及び実行委員会では駐車場の場所取りはご遠慮頂いておりますのでおやめください。

 ◎自然文化園、及びその周辺はオートキャンプ場ではありません。駐車場や臨時駐車場(芝生広場)で、車の横に宿泊用テントやタープを張ることはできません。モラルを持って行動してください。

 ◎日中は施設利用の来園者も駐車場を利用します。望遠鏡等は個人責任で管理願います。来園者駐車場の駐車スペースに望遠鏡やイスなどを置く場所取りは禁止します係りの者が、荷物を移動し、お車を停めさせていただきます。(up 2013.07.24)

 ◎園内駐車場(観望エリア以外の駐車場)での望遠鏡設置は、車両の前(後)に設置していただいて結構ですが、通路側の交通安全に十分ご配慮ください。限りある駐車場です、多くの方にご利用 頂けるようご協力ください。

 ◎2006年より駐車場最上段の林を切り開き、さらに駐車場を1面増設いたしました(砂利面)。そのため、今まで宿泊用テントエリア(キャンプ場ではありません)として開放しておりました林の大部分が駐車場となっております。コンサート広場との間にあります芝生の広場は今までどおり宿泊用テントエリア(キャンプ場ではありません)となります。ご利用の場合は自己責任でお願いします。常連さんへおしらせ(2006.07.30 UP)

 ◎初めてですが、という方から宿泊用テントエリアについてお問い合わせをいただくことがありますが、毎年ほぼ常連さんだけでいっぱいとなっています。


芝生広場ご利用の詳細(2012.07.31更新)  八ヶ岳自然文化園を上空から見る(リンク)

 ◎駐車できる台数には限界があります、夜間の来園は駐車場案内が出来ません、満車の場合は空きが出るまでお待ちいただくか、時間をずらして再度お越しください。ご利用者は忖度願います。

 ◎星まつり参加者専用ではありません、駐車場対策のため臨時の措置です。観望会場兼用となりますので光害にご注意ください。

 ◎キャンプ場ではありませんので宿泊用テントやタープなどの設営・ペグ打ち・バーベキューなど厳禁となります。

 ◎キャンピングカー(駐車目的に限る)やマイクロバスなど芝生を傷める恐れのあるタイヤパターンや重量級の車両や低床車などの車両などは園外駐車場(図の右下)をご利用ください。重量級の車両による芝生への影響が報告されました。

 ◎駐車場兼観望広場対策に芝生広場(イベント広場)の利用が可能です(星まつり期間中のみです)、望遠鏡をご持参の方は車両ごと芝生広場へ:月刊天文ガイドに投稿された福島県の戸田 忠友様が紹介された場所となります。100台ほど入れます。

 ◎係員の指示に従ってください。芝生を傷める行為は厳禁です。出入りは西口ゲートとなります。

 ◎初日(金)の芝生広場使用開始は、15時からとなります。芝生広場使用可能時間は、最終日(日)の午前10時までとなります。

 ◎ペットを放さないでください、犬は有料のドッグラン施設をご利用ください。ドッグフードなどの散乱は自然形態を破壊します。

 ◎芝生は整備管理されています、会場の海抜は1300mです、富士山太郎坊とほぼ同じ高度です、濃い肥料分は植生を枯らします。

 ◎望遠鏡の保護用天幕はOKです(ペグ打ちは禁止)、車中泊OK(芝生保護のためエンジンの排熱にご配慮ください)。

 ◎日中は施設利用の来園者も利用します。望遠鏡等は自己管理願います。

画像1 画像2 画像3 画像4

この場所付近から低緯度オーロラが見えました。

チョット大きめ園内マップ(600KB)


まるやち湖駐車場(主催側関係者専用駐車場になります)

 ◎期間中は文化園営業(大型観光バスや工事車両など)及び八ヶ岳自然文化園職員や納品業者や運営スタッフなどの専用駐車場になりますので一般の方の駐車はご遠慮願います:ここから仕事に行くボランティアスタッフもいます、ご理解ください。

 ◎2016年、複数台のいわゆるキャンピングカーが【参加上のご注意】を守ろうとしない事がありました、今後の対応を検討しております。


以上の注意事項をお守りの上、楽しい星まつりとなるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。