最終更新日 2020.01.04 原村『星の降る里』のHPです

ボランティアスタッフ募集中!    皆様のお問い合わせをお待ちしております!

原村星の降る里同好会では、星空観望会でのお手伝いをなさって下さる方を募集しております。

詳しいことのお問い合わせは、事務局、TEL0266−74−2681(八ヶ岳自然文化園内 北原宛)または、

八ヶ岳自然文化園ホームページ内にある「お問い合わせ」からメール願います。

blog 八ヶ岳の足音(文化園の様子がUPされています)
気象庁のアメダス情報
紫外線情報
2035年9月2日日蝕(食)観望会のお知らせ(2005.09.02UP)
Google Mars
Live!オーロラ
2012年 5月21日金環日食観望会の報告(2006.05.21UP)
Google Earth
宇宙連詩
2009年7月22日 日食観望会の報告
Google Moon

2762年8月12日の原村八ヶ岳自然文化園日蝕のお知らせ (2008.04.07up)
咲-Saki-の舞台に行こう!!

原村八ヶ岳自然文化園上空ドローン撮影(飛行許可済み)
八ヶ岳ミュージアム協議会


原村『星の降る里』スターウオッチング

雨天でも開催します

原村八ヶ岳自然文化園はプラネタリウム館ですので雨天でもプラネタリウム鑑賞ができます。

プラネタリウムで星空の動き・星座のかたちなどに慣れてください、プラネタリウム内でご持参の双眼鏡を使用されますと実際の星空探索の練習になります。

この他に一晩観望会があります、天文に親しんで頂く企画です、機材を持ち込んでのご参加も歓迎です。

安全な運営のため会場内では運営スタッフの指示に従ってください

一晩観望会は天文愛好家を対象に安全で快適な観測場所を提供します、観測機材をお持ち下さい。

有料の観望会です! 開催に経費が掛かります、科学館入り口ロビーにて受付しています。

参加費:小学生以上お一人¥500円です。

特別な場合を除き2011年度より時間予定を以下の通りにします(2011.03.07 up)

19:45〜 受付開始

20:00〜 プラネタリウムで星座紹介番組観覧

20:45〜 屋外観望

21:30頃 終了。

)観望会の日程及び内容は状況により変更(天候によりプログラムの順序が入れ替わるになる場合もあります。突発の現象にも対応します。会場内では運営スタッフの指示に従ってください


「きぼう」国際宇宙ステーションを探してみましょう! (2012.04.21 UP) テルテル坊主?!計画(案)
将来近地点の月で皆既日食が起きると誰かがスーパーエクリプスなんて言いそうだ(2015.9.29)

松本空港に零式艦上戦闘機(2017.11.2○)

 

一部の粋すぎた天文愛好家の行動や言動が死亡事故や事件などにつながります、天文趣味は死んでまで???

 

・文化園は天文愛好家だけの施設ではありません、観望会は開始時刻があります。

・早すぎる来園は平行して行われる他の事業に迷惑を掛けます、駐車場の目的外使用はお止めください。

・観望会で駐車場に望遠鏡など設置は構いませんが必ず受付をしてください、プラネタリウム鑑賞しなくても無料ではありません。

・観望会が終了したら機材撤収してください、テント・タープ(ブルーシート等を含む)などの使用は控えてください。

・観望会・映画など以外は夜は閉鎖しています、勝手に車止めゲートを開けて入園することは・・・いけない事です。

八ヶ岳自然文化園の駐車場はオートキャンピング場ではありません、キャンピングカーはこの観望会では乗り入れ禁止です。

RVパーク八ヶ岳高原「原村」もみの木 原村では有料のキャンピングカーサイトを用意しています、園内にはありません

【星空の映画祭】は映画のイベントです、開催期間中は天文向きに駐車場は使えません。

・他の参加者などに【ライトを消せ!】など恫喝するような言動は避けてください。

観望会中止情報出ましたら、来ないでください&来場途中でしたら引き返す勇気をもってください、到着されても受け入れができません・・ので。(2019.10.24up 台風19号の教訓です)

 新潟県十日町市の星峠で写真愛好家の車両転落死亡事故がありました、安全第一です! (2019.05.07 up)

最近野生の鹿が増えて山岳道路の車両の通行に不安があります! (2016.04.04 up)

・・・全損になる可能性が大きいようです・・・

 一頭見かけたら、ハイビームに点灯しゆっくり走行してください、(鹿が飛び込んでくる事も想定してください)。

 ニホンカモシカは国の特別天然記念物です。 深夜は遭遇の可能性が高くなります。

 文化庁は2018年5月24日、文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」に、八ケ岳を中心とした中部高地に残る縄文時代の黒曜石鉱山や土器、土偶で紡いだ「星降る中部高地の縄文世界〜数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅」 : 長野、山梨両県にまたがる八ケ岳周辺の14市町村が申請。

【星降る・・・、とありますが内容は天文とは違うようです】

最近、山梨県北杜市の話題がマスコミに載りますが地域が広すぎて場所がわかりません、旧地名併記があれば助かります。


2019年 平成31年度:令和元年の観望会 スケジュール (突発の天文現象により変更の可能性もあります 2019.03.27)

日程

一般観望会(手ぶらでもお気軽に参加できます)

一晩観望会へ

(朝までの観望会です)開催時刻(状況により変更もあります)

04月28日 (日)

286

「春の星座を見よう!」

05月04日 (土)

287

「春の星座を見よう!」

05月18日 (土)

288

「春の星座と月のクレーターを見よう!」

06月22日 (土)

289

「春から夏の星座と木星を見よう!」

07月14日 (日)

290

「月のクレーターと 木星・土星を見よう!」

08月02日 (金)〜4日(日)

星まつり

重力波

宮川 治氏

08月12日(月)

291

「月のクレーターと木星・土星を見よう!」

ペルセ流星群ですが月が大きい

09月28日(土)

292

「夏から秋の星座を見よう!」

10月26日(土)

293

「秋の星座を見よう!」

11月23日(土)

294

「秋の星座を見よう!」

12月14日(土)

295

「冬の星座と月のクレーターを見よう!」

12月26日(木)

296

「部分日食を見よう!」


 


終了した件

Sent: Sunday, January 12, 2020 8:47 PM   Subject: 2020.1.11半影月食  撮影:坂巻 紘

harlock:2020年 1月 4日(土)17時05分13秒   散在が一つだけでした。  流星かな?と思った白い線は人工衛星でした。

2時頃から初めて6時過ぎまで撮影を続けてみた流星が4個では確率的にもかなり厳しですね。

今までの経験値だとHR10~15くらいは無いと撮れてないですから、『4日の未明には四分儀座群の顕著な活動は無かった』

という観測結果となりました。

テレビ朝日(実際には何とか制作会社)から連絡があり    (2019.12.15 up)

テレビ朝日、年末ミュージックステーションの11時間特番【2019年の国内合唱曲ランキング】第一位【アクアマリンのコスモス】でした

第296回原村『星の降る里』STAR WATCHING「部分日食を見よう!」日時:12月26日(木)終了しました。 詳細はこちら

第295回原村『星の降る里』STAR WATCHING「冬の星座と月のクレーターを見よう!」日時:12月14日(土)終了しました。 詳細はこちら

第294回原村『星の降る里』STAR WATCHING「秋の星座を見よう!」11月23日(土)終了しました。 詳細はこちら

harlock:Sent: Tuesday, November 19, 2019 5:39 PM  Subject: しし座群 ページを作りながら最終確認、

しし座群4、おうし座群2、散在流星4という結果となりました。

中にはしし座群ぽいけど微妙に違うような感じもする、というのもあったり、出現位置と経路は間違いなくしし座群で光量の変化もあるからしし座群だと思ったら人工衛星だったとか…

とりあえずあの月明のある環境下でこれだけ撮れれば上出来でしょう。

第293回原村『星の降る里』STAR WATCHING「秋の星座を見よう!」10月26日(土)終了しました。 詳細はこちら

第292回原村『星の降る里』STAR WATCHING「夏から秋の星座を見よう!」09月28日(土)終了しました。 詳細はこちら

第291回原村『星の降る里』STAR WATCHING「月のクレーターと木星・土星を見よう!」08月12日(月)終了しました。 詳細はこちら

第290回原村『星の降る里』STAR WATCHING「月のクレーターと木星・土星を見よう!」7月14日(日)終了しました。 詳細はこちら

第289回原村『星の降る里』STAR WATCHING「春から夏の星座と木星を見よう!」6月22日(土)終了しました。 詳細はこちら

第288回原村『星の降る里』STAR WATCHING「春の星座と月のクレーターを見よう!」5月18日(土)終了しました。 詳細はこちら

第287回原村『星の降る里』STAR WATCHING「春の星座を見よう!」5月04日(土)終了しました。 詳細はこちら

第286回原村『星の降る里』STAR WATCHING「春の星座を見よう!」4月28日(日)終了しました。 詳細はこちら


原村『星の降る里』  

以下のようなお問い合わせもありましたので・・・Subject: Re:お問い合わせ

@受付はどこですればよろしいですか?

 *この八ヶ岳自然文化園の建物の中央にロビーがあります。 そこで受付を行います。

A観望会をする場所は園内のどこでしょうか?

  *建物の前のレンガ敷きの広場でもかまいませんし、建物裏側の芝生の広場でもかまいません。何度か参加されている方は、芝生の広場を好んで観望されるようです。

B途中で雨天になったときは、屋内で待機できるのでしょうか。

  *ロビーなどで待機してください。

C開始時間前より荒天の場合は、中止になるのでしょうか?

  *晴れることを期待し開催いたしますが、あまりにもひどい天候のときには、参加を見合わせてください。 −−☆☆事務局☆☆−−


2018年度の記録
2017年度の記録
2016年度の記録
2015年度の記録
2014年度の記録
2013年度の記録
2012年度の記録
2011年度の記録
2010年度の記録
2009年度の記録
2008年度の記録
2007年度の記録
2006年度の記録
2005年度の記録
2004年度の記録
2003年度の記録
2002年度の記録
2001年度の記録
2000年度の記録

天体画像の倉庫
一晩観望会

サイトのスポンサー
サマーホリデーin原村星まつり
石川町スターライトフェスティバル
秩父星空の音楽会
清里スターフェスティバル
アストロさとみS・Cdays
トップページへ
情報ページ
隕石・化石・鉱物
アストロ・スターグッズ

カバー・袋・遮光紙・ETC
木内鶴彦氏情報
百武裕司氏情報
田中千秋氏情報
諏訪広域連合HP
雷情報 
掲示板リンク集
リンク集
このサイトの写真集案内