腹話術友の会

原爆平和の祈り絵

8月6日響け!平和の太鼓全世界から!

English

8月6日響け!平和の太鼓全世界から!

      
 人類の願いは世界平和ですが、未だに世界のどこかで戦火の絶え間がありません、 岡谷市では終戦50周年記念に広島市の庁舎の原爆被爆石で「平和祈念碑」を岡谷諏訪湖畔公園に建立しました、そこで太鼓の街の岡谷市民が平和の誓いと祈りを末長く子孫に伝えるため、世界で初めて被爆した広島の時刻に合わせて「日本の屋根から世界に響け・平和祈念岡谷太鼓」を毎年打ち鳴らしています。21世紀の子供や孫たちより岡谷を発信地として、全国、いや全世界に呼びかけ平和の太鼓を打ち鳴らすことにしました。 全世界の太鼓愛好者の皆さん、何処でも良い、一人でも良い、どんな太鼓でも良い、8月6日8時15分平和祈念太鼓を一斉に打ち鳴らし響かせよう! 賛同される方は連絡を下さい。


2009年
市民新聞記事
核兵器のない世界願う
(2009.8.7 JPEG 445K)

NPO腹話術太鼓
2009年8月6日第64回平和の日


 第14回核兵器廃絶岡谷平和の集いにNPO法人腹話術友の会の「笑腹楽太鼓」(代表・山口敬章)12名が参加し堀内一光理事長の指揮の下、力強く長地小学校と聾太鼓が「勇み駒」と「諏訪湖ばやし」の太鼓の演奏をしました。
 15年前、奈良の東大寺で故小口大八(御諏訪太鼓)と堀内一光(岡谷市議員太鼓)が勇み駒を演奏したとき、広島の女性の被爆者が「今勇み駒を聞いてあの恐ろしい原爆を思い出した。」と二人の前で訴えたのを聞き「岡谷の平和の太鼓を毎年8月6日に打ち鳴らそう。」と決意して名誉実行委員長に岡谷市長・同副委員長に故小口大八・実行委員長堀内一光で=日本の屋根から世界に響け=「世界平和祈念岡谷市民太鼓」を打ち鳴らし、第11回の2006年から岡谷9条の会に主催を引き継ぎ実施してきました。
 今年は公募により広島の小学6年生の森光七彩さんの作詞作曲した「アオギリの歌」を、歌・林淳子さん、ピアノ・角川さゆりさんで発表し盛大に平和を訴えました。
市民新聞2009年8月4日の記事 梅崎桂子さんさんの「桂子の”あら”まドッキリ」にアオギリがマンガで照会されている
2008年
長野日報記事
市内でも平和の祈り
(2008.8.7 JPEG 200K)

NPO腹話術太鼓
広島平和祈念世界大会岡谷市民太鼓会場

写真 揃って記念撮影
顧問の今井市長(右から3人目)と相談役の上島様(5人目)を囲んで
写真 平和を願って・・・
腹話術太鼓のメンバー
2007年
市民新聞記事
世界に届け非戦の響き
(2007.8.7 JPEG 300K)

NPO腹話術太鼓
世界平和祈念太鼓に初参加

写真 NPO腹話術太鼓の皆さん
初参加の
NPO腹話術太鼓の会員

写真 長地小学校4年2組の皆さんも太鼓で参加
岡谷市立長地小学校4年2組
 指導者・角川さゆり先生

2006年
広島市長秋葉忠利メッセージ
(2006.8.6)
市民新聞記事
平和を願い太鼓演奏
(2006.8.7 JPEG 464K)

日本の屋根から世界に響け
 世界平和祈念岡谷市民太鼓

 人類の願いは世界平和ですが、未だに世界のどこかで戦火の絶え間がありません。
広島に世界で始めて原爆が投下されて61年目となり、世界平和を訴えて始まった、平和の太鼓も第11回を迎えます、日本が平和で今日まで来れたのも憲法九条のおかげです、下記宣言案の趣旨により太鼓を打ち鳴らします、5年前からは子供達が平和を引き継ぐために司会進行を行い、昨年は小井川小学生が諏訪湖ハイツで実施し、広島の被爆アオギリ二世を校庭に移植し元気に育っています、其の許で今年は広島原爆の火を点火し、平和の太鼓を打ち鳴らしたいと思います、賛同されて、ご参加をお願いします。

世界平和祈念岡谷市民太鼓
▲名誉顧問   林新一郎 (岡谷市長)
▲顧問      上島政尚 (岡谷障害者団体支援者)
▲名誉委員長 小口大八 (御諏訪太鼓宗家)
▲実行委員長 笠原忠雄 (おかや九条の会代表)
▲副委員長   雨宮節二 (小井川小学校校長)
▲副委員長   赤羽昭二 (障害者聾太鼓代表)
▲委員      佐々木悠介(小井川小学校4年2組教諭)
▲委員      角川さゆり(長地小学校3年2組教諭)
▲委員      本山 操 (心笑響太鼓代表)
▲委員      横内順子(浪漫太鼓代表・岡谷市職員)
▲委員      参加団体代表
▲事務局長   堀内一光23-6297 ikko76@po30.lcv.ne.jp   http://www.lcv.ne.jp/~mh156325/
▲会場     小井川小学校 玄関前公園 アオギリ二世前(雨天の場合は体育館)
▲ 日時     2006年8月6日午前7時40分集合 
▲司会進行  小井川小学校4年生
▲日程
  7:50「平和の火」点火   小学生による平福寺の平和の火を移送点火
  7:55委員長挨拶・市長挨拶・小口大八宗家「岡谷どんどこ」演奏
  8:15~8:16 サイレン鳴奏中ダイインで戦争犠牲者の冥福と平和を祈念
  8:16平和宣言採択、広島市長 秋葉忠利のメッセージ披露
     引き続き世界に響け「勇み駒」小口大八作曲 演奏
▲ 閉会の言葉 8:30 雨宮節二 (小井川小学校校長)

★世界平和祈念岡谷市民太鼓宣言★(案)
 戦争の無い緑と湖に包まれた美しい郷土の小井川小学校で、広島原爆「平和の火」を点火し、被爆アオギリ二世の前で、日本国憲法第九条を守り、全ての戦争犠牲者の冥福をダイインで祈り、日本の屋根から世界に響けと平和祈念岡谷市民太鼓を打ち鳴らし、声たからかに宣言します。
 (子供達が宣言文を作るので変更があります)

2005年
市民新聞記事
平和を願い太鼓演奏
(2005.8.7 JPEG 178K)

日本の屋根から世界に響け
世界平和祈念岡谷市民太鼓と平和の集い

 人類の願いは世界平和ですが、未だに世界のどこかで戦火の絶え間がありません。今年は広島原爆被爆60周年の節目の年で、世界平和を訴えて始まった、平和の太鼓も10周年となり、日本が平和で今日までこれたのも憲法九条のおかげです、下記宣言の趣旨で世界に響けと打ち鳴らしますので、賛同されて、ご参加をお願いします。
名誉実行委員長   林新一郎 (岡谷市長)
名誉副実行委員長 小口大八 (御諏訪太鼓宗家) 太鼓連8名参加
実行委員長      堀内一光 (NPO岡谷市身体障害者協会理事長)
副委員長        中野裕剛 (岡谷九条の会代表)
委員       赤羽昭二 (障害者・聾太鼓主宰者)太鼓連8名参加
委員       北沢直子 (岡谷市浪漫太鼓打ち頭)太鼓連6名参加
委員       田添荘文 (岡谷市小井川小学校長)太鼓連70名参加
事務局      本山 操 (身障協・心笑響太鼓打頭)太鼓連18名参加
 (おかや総合福祉センター諏訪湖ハイツNPO岡谷市身体障害者協会)
T/F0266-24-2433 osk@suwako-haitsu.jp
URL:http://www.lcv.ne.jp/~mh156325/
▲会場・諏訪湖ハイツ芝生広場
▲日時・8月6日7:30 集合
▲次第
 7;45  広島原爆「平和の火」 点火(市長と小学生)
 8:00  市長挨拶・実行委員長挨拶・岡谷ドンドコ演奏(指揮・小口大八)
 8:15  広島平和のサイレン中、ダイインで犠牲者の冥福と平和祈念
 8:16  平和宣言採択(小学生)
 8:17  世界に響け「勇み駒」打ち鳴らし (指揮・小口大八)
 8:20  被爆アオギリ寄贈(市長・校長)
 8:30  戦争の語り部会・原爆被爆絵・長編アニメ「はだしのゲン」上演
 10:00 すいとん試食                 解 散 
(平和を後世に継承するため、司会進行を全て子供たちで実施します)
世界平和祈念岡谷市民太鼓宣言
    (小学生が作成するので異なる場合が有ります)
戦争のない、緑と湖につつまれた美しい郷土と世界平和を守るため、おかや総合福祉センター諏訪湖ハイツ広場で、世界で最初の原爆投下から60年を機に、広島原爆「平和の火」をともし、被爆アオギリ二世を移植し、日本国憲法第九条を守り、広島原爆投下の時刻にあわせ、全ての戦争犠牲者の冥福をダイインで祈り、日本の屋根おかやから、世界平和祈念岡谷市民太鼓を世界に響けと打ち鳴らし、こえ高らかに宣言します。

世界平和祈念岡谷市民太鼓と平和の集い

8月 6日
日本の屋根から世界に響けと・・・世界平和祈念岡谷市民太鼓と平和の集いが同実行委員会とNPO岡谷身障協・岡谷九条の会が世界で初めて広島市に原爆が投下されて60年目の8月6日、諏訪湖ハイツで、小学生や市民120名が参加し、戦争の全ての犠牲者の鎮魂と平和を願って太鼓を打ち鳴らした。
 午前7時50分、伊那市丸山公園の平和の搭から分火した、原爆平和の火を小井川小学校6年生のトウチランで点火台に、笠原忠夫九条の会代表と点火し、御諏訪太鼓の小口大八宗家の指揮により「おかやどんどこ」を打ち鳴らし原爆投下の8時15分演奏を中止して「タイイン」で全ての戦争犠牲者の冥福と平和を祈り、 小学生が、「憲法九条を守り、平和な世界を願う」平和宣言を行い堀内一光実行委員長(NPO岡谷身障協理事長)と笠原忠夫九条の会代表(医院長)が「憲法九条があったから私達は60年間平和に暮らしてきた。これからも日本の平和を守り、子々孫々まで楽しい生活が出来るように力を頂きたい」と訴え、 「勇み駒」を力強く打ち鳴らし、広島市長と岡谷市長のメッセージの披露をし、 今回から司会運営を子供たちに委ね、5年前市身障協が広島市から頂いた「被爆アオギリ二世」を小井川小学校(田添荘文校長)に寄贈し、原爆「平和の火」は平福寺(小林聖仁住職)に継承し、8時30分式典を終了しました。
 続いて名古屋で空襲を体験した吉田宮子さん(93)と長女、栗栖香苗さん(63)の戦争語り部の会と、長編アニメ「はだしのゲン」の鑑賞、すいとん試食会の平和の集いが行われ、11時、小学生一同が「平和の尊い学習の機会を与えてくれて有り難う」と感謝の言葉とお礼を述べ盛会裡に平和の誓いの集いが終了しました。



写真 岡谷市民太鼓と平和の集いにたくさんの人が集まった


写真 「被爆アオギリ二世」は小学生の手にゆだねられた


写真 みんなですいとん試食会
2004年
世界平和岡谷市民太鼓を打ち鳴らす
  (2004.8.6)
2002年
長野日報記事
平和を願い太鼓演奏
(2002.8.7 JPEG 74K)

 
   
2001年
広島市長秋葉忠利メッセージ
(2001.8.6)
岡谷市民新聞記事
世界に届け平和の響き
核兵器廃絶願い湖畔で市民太鼓
(2001.8.7 JPEG 85K)
信濃毎日新聞記事
「被爆アオギリ」二世が岡谷市に
(2001.7.24 JPEG 64K)
 
2000年
岡谷どんどこばやし
(wave 240K)
2000年新聞記事
(JPEG 122K)
広島市長秋葉忠利メッセージ
(JPEG 50K)
 


世界平和祈念太鼓実行委員会事務局
堀内 一光
Tel/Fax: 0266-23-6297
E-mail: mh156325@po3.lcv.ne.jp



日本の屋根から世界に響け
世界平和祈念岡谷市民太鼓


 人類の願いは世界平和ですが、未だに世界のどこかで戦火の絶え間がありません。 今年も下記宣言案の趣旨で世界平和祈念太鼓を打ち鳴らしますので、趣旨に賛同される有志の方の参加を求めております。
   
   
■名誉実行委員長   林 新一郎(岡谷市長)
■実行委員長   堀内 一光(NPO岡谷身障協・心笑響太鼓)
■副委員長   住吉頼房(岡谷区子供太鼓)
■副委員長   赤羽昭二(障害者聾太鼓)
■事務局長   白上 淳(岡谷市職員浪漫太鼓)
■実行委員   参加団体代表
■賛同者受付   堀内一光
  
  

会場 岡谷湖畔公園 平和祈念碑前(雨天の場合は御諏訪太鼓道場)
日時 毎年 8月6日 7時50分集合
日程
 8時00分〜8時15分 市長挨拶・実行委員長挨拶・岡谷どんどこ演奏
 8時15分〜8時16分 平和のサイレン演奏中ダイインで戦争犠牲者の冥福と平和を祈念する
 8時16分〜8時17分 宣言採択
 8時17分〜8時20分 勇み駒演奏
   

核兵器廃絶と平和な世界を願う世界平和祈念岡谷市民太鼓の誓い(案)

 戦争のない緑と湖につつまれた美しい郷土と世界平和を守るため、ここ岡谷湖畔公園の一画に、平成7年11月19日に世界で唯一の被爆国50周年を機に広島市庁舎被爆石による「平和の祈り」の祈念碑を市民の力で建立し、核兵器のない平和な世界の願いを岡谷市民あげて誓ったところです。20世紀は戦争一色の100年でした。私たちは地球上で初めて広島に原爆が投下された時刻に合わせ、岡谷市の平和祈念碑の前から21世紀の子供や孫たちにより、世界に向けて、平和の願いをこめて太鼓を打ち鳴らし、あらゆる国から核兵器の廃絶を戦争のない平和な世界を強く祈念をしここに誓います。

8月6日
世界平和祈念太鼓岡谷市民実行委員会


2001年よりは、子供達に全ての運営を任せ「平和祈念太鼓」を引き継ぐことにしています。


ホームページの協力者・岡谷市国際交流協会・岡谷市民新聞社・小口大八御諏訪太鼓宗家



腹話術友の会

原爆平和の祈り絵

8月6日響け!平和の太鼓全世界から!