Tank Engine Station
フリフリワンピースの作り方
TOP型紙ページへ戻る
注意事項

型紙の印刷は100%等倍印刷です。

型紙に縫代は含まれません。

袖処理は布生地と同系色のバイアステープを使います。生地で作っても良いです。
ここでは、両折タイプのバイアステープを使いました。(幅1.8mmのバイアスです)

ボタンが4個要ります。型紙にあるボタンホールの大きさに関係なく、お好みでかわいいボタンを付けてみてください。

画像が、全て正しいとは限りません。(説明文では、“端処理をすること”とありながら、右の画像では、端処理していない画像を使っていたりします。説明文をよく読みながら、進めて下さい。)


レース等の装飾については、解説していませんので、各々で、対応して下さい。
この画像のワンピには、両山のトーションレースを使いました。

印刷の仕方(用紙の向き)
サイズ70 全6枚中、最初の1〜2枚目は用紙の向きが縦、残りは横です。
サイズ80 全7枚中、1〜6枚目は縦、最後7枚目のみ横となります。


型紙のとり方の注意点
@前ヨーク、前スカート、前見返しは“わ”でとります。(右上画像)

A後ヨーク、後ろスカート、後見返しは、型紙に“2枚”とありますが、左右対称となるように取ってください。
右下画像のように、個々にとる場合は、1枚目は型紙を表にしてとり、2枚目は、型紙を裏返してとります。そうすると、左右対称になります。

布を“わ”にしてとることでも、左右対称となりますので、お好きな方法で、とってみて下さい。

“わ”とは↓


見返し部分に接着芯を貼り、縫う

1 前見返し1枚、後見返し2枚、後ろヨークのサイド見返し、後スカートのサイド見返しに薄手の接着芯を貼ります。
(型紙のグレーで表示されている部分が見返しです。)

前見返しと後見返しの縫代0cm部分は、ジグザグミシン等の、端処理をします。

画像には、印してありませんが、肩の縫代部分も端処理をしておきます。

後見返しの胸側は端処理をしなくても良いです。

後ヨーク、スカートの見返しの端処理は、後でしますので、ここではしないで下さい。



2 前見返しと、後見返しの肩部分を、中表に合わせ縫います。
縫代は、0.5cmくらいに短く切り揃え、アイロンで割っておきます。

以上で出来たものを「襟ぐり見返し」と称します。


左右の肩、両方縫い合わせてください。

3 

スカートにギャザーを寄せ、切り替えを縫う

1 前スカートの上部縫代に粗い目のミシンを2本かけます。
(縫い始めと縫い終わりの糸を長めにしておきます。)


2 縫い始めと縫い終わりの糸を引っ張って、(上下どちらかの糸を引っ張る)均等にギャザーを作ります。ヨークの裾と同じ長さになるようにします。


3 前スカートと、前ヨークを中表に重ね、ミシンで出来上がり線を縫います。
(ギャザーを均等にするために、しつけ縫いをしてからミシンで縫って下さい。)

縫い終わったら、ギャザーの糸、しつけ糸を抜きます。


4 縫代は0.5cmとなるように2枚合わせて切り揃え、ジグザグミシン等で端処理をし、ヨーク側に倒します。(アイロンを使って倒してください。)


5 表側からステッチで押さえます。


6 後スカートも同様にしてください。
(右画像は見返し部分です。)

見返しと見返しから4cm内側部分はギャザーを入れません。

後ヨークと後スカートを付けた後、縫代は0.5cmに切り揃え、ジグザグミシンで端処理をし、ヨーク側に倒します。

表から、ステッチで押さえます。

ヨーク、スカートの見返しをジグザグミシンで端処理します。

前ヨークと後ヨークの肩の縫代部分も端処理しておきます。




ステッチをかけた後。ヨーク、スカート合わせて端処理をします。

7 上記で出来上がった前、後の肩を中表に合わせ、縫います。
縫代は、0.5cmくらいに短く切り揃え、アイロンで割っておきます。

以上で出来たものを「身頃」と称します。

襟ぐり見返しを付ける

1 「襟ぐり見返し」と「身頃」を中表に重ねます。

後身頃の見返しを表側に折り、その上に襟ぐり見返しを重ねます。

襟周りを端からぐるっと一周縫います。


↓後身頃見返し部分の拡大

2 縫代は0.5cmくらいに短く切り揃え、アイロンで形を整えながら、表に返します。

カーブ部分は縫代に切り込みを入れると、キレイなカーブになり易いです。(縫い目を切らないように注意)

ここでできた、後身頃の見返しはアイロンで形を整え、出来上がり線に仕上げます。

↓ひっくり返すと

3 表側からステッチで押さえます。

4

袖フリルを作る

フリルは製図です。外側は三つ折にします。

内側は、スカートのギャザーを作ったように粗い目のミシンを2本かけ、フリフリにします。

ギャザーの長さは、前身頃のフリル付け止まりから、後身頃のフリル付け止まりとなるようにします。

(裾フリルも同様)



袖フリルを付ける

1 前身頃のフリル付け止まりから、後身頃のフリル付け止まりまで、袖フリルを付けます。
 
右下画像のように、中表に合わせ、しつけ縫いをします。




2 ギャザーの上からバイアステープを画像のように、合わせます。
ギャザーのない所も、袖周りは全てバイアステープの折り目に合わせてミシンで縫います。(脇からぐるっと一周)

ここも、しつけ縫いをしてから、ミシンで縫った方が、やり易いと思います。

ミシンで縫った後、ギャザーの糸、しつけ糸を抜きます。


↓拡大

バイアステープ折り目を縫います。

3 縫代を、バイアステープの長さに切りそろえます。

カーブ部分が曲がり易いように、切り込みを入れます。(縫い目を切らないように注意)




4 縫代をバイアステープで包んで、身頃うら側に倒します。




5 倒した縫代を表側から、ステッチをかけ押さえます。


↓うらから見ると
裾フリルを付ける

1 スカートや、袖のギャザー同様に、裾のフリルを作ります。(裾フリルは残部で3枚)

※裾フリルですが、画像のフリルと型紙の形が違っています。


2 前スカート、後スカートそれぞれに中表にして、縫い合わせます。

後スカートの見返し部分は右画像のようにします。

まず、裾フリルを身頃と中表に合わせ、

見返しを折り目とは逆の方向に折ります。

3 見返し部分から縫い合わせます。

縫代はジグザグミシン等の端処理をした後、見返し部分を、本来の折り目通りにひっくり返します。

アイロンで形を整え、表側からステッチをかけます。

(前スカートも同様に)


脇を縫う

1 前身頃、後身頃を中表にあわせ、脇を縫います。

縫代をジグザグミシン等の端処理をします。
端処理した縫代は、後身頃側に倒します。

ボタンホールを作り、ボタンを付ける

ボタンホールを作り、ボタンをつければ完成です。

着たときに右手がくる側にボタンホールを開けます。
左手側にボタンを付けます。