ダイニングに隣接し、多目的に使える暖炉のある"デン"
 コーナー暖炉もいつものように設計し大理石のカウンターとともに納まり、
 ベンチ脇のガラス棚に納めたワインボトルや照明の光ともに室内を演出しています。
修景 弥生ヶ丘の住まい
 豊かな緑に囲まれた長野県伊那市の弥生が丘の住まいは先代が建築された100坪近い延べ床面積のある邸宅です。最初にお目にかかった時にアプローチからの姿に感動し修景設計が始まりました。
デンよりアイランドキッチンとダイニングを眺める
 ダイニングコーナーから外を望むと緑と深い軒の陰影がチェーンブラインド
 越しに深みのある室内空間となりました。
南側建築外観
 外壁は藤松社長引き入る壁匠トーワの職人さんたちが、白くブレンドした土壁に
 塗り替えています。
バンケットルーム
 バンケットルームはふりそそぐ光が新たに部屋のコアとしてガラス越しのデンと
 ダイニングコーナーを優しく繋いでいます。
(C)写真/林 安直
オーディトリアム
 ギャラリーとして改修した部屋ですが、先代の残したシャンデリアを磨きあげ、
 シックな空間としてまとめあげました。ここはギャラリーでもありシアタールーム
 にもなります。
JAXSON社の浴槽のあるバスルーム
 なんといっても圧巻はサウナ、脱衣、バイクコーナーを含め18畳を超えるバス
 ルームです。家をとりまく緑がこの空間の居心地を一層高めてくれます。
 床は大理石、壁をFMXという塗り壁にしています。浴槽はジャクソンのサークル
 を使用しています。
洗面脱衣室
 右手にサウナ室とバイクコーナー、左手にジャクソンの浴槽のある
 バスルームへと続きます。
前面道路から眺める
キッチン
 ダイニングテーブルと対面式の配置をとるキッチン。
 床はテラコッタタイルを敷詰めています。
2階踊り場
 玄関正面の吹き抜けにある階段は先代の好まれたシャンデリアはそのままに、
 階段に面した部分に新たに本棚を設けて