■Notice
 当サイトのコンテンツに
記載された内容及び画像等を
運営者に許可なく無断で複写、
複製、転載することはお断り
願います。
 
 

V花咲町の家V



 諏訪湖に程近い、下諏訪町の商店街の一角に位置する住まい。
通り沿いに店舗、敷地奥に既存のプレハブ造の住まいがある細長い敷地全体の修景計画。
今回店舗を建て替え、既存住宅までを繋ぐ形で新しい住まいの拠りどころを構築しています。

店舗の看板と店内の様子

 敷地全体の修景に合わせ、店舗看板もデザインしました。
店舗内は天井を高めにとり明るい店内に。道路側は周囲の昔ながらの商店街の景観に配慮し、
ボリュームを抑えて調和させつつ、楽しいショーウィンドーを計画しました。



住まいの玄関

 黒ガルバリウム鋼板の凛とした外壁と優しい木部の調和した玄関。
住まいの顔となる玄関ドアは木部に合わせデザインした建具としています。


太陽の香りのする穏やかな暖かさのリビング

 隣地の背の高い建物の影を縫うように配置したリビング。
南側に大きく開いた窓と天窓からの日差しが降り注ぎます。
屋根形状をそのまま反映した天井形状部分に集熱の工夫があります。

太陽の恵みを住まいに

 この住まいは太陽の日射熱を建築の外部面で集め、室内に導くアクティブソーラー住宅として
設計を行いました。 冬季の天気の良い日には集熱部で太陽に温められた暖かい空気を取り込み、
およそ20度ぐらいの温度になった空気を室内のダクトから出して循環させることで冬季の暖房
補助としての機能を果たします。
 もちろん太陽の出ない朝晩や天候不順時は暖房を使うことになりますが、好天時は太陽の恵みを
室内に十二分に取り込むことができるエコシステムです。

雑誌iemado-αに掲載された本建築のアクティブソーラーのご紹介

  

既存の住まい部分へ繋がる廊下

 既存と増築部分との空間にギャラリースペースを設けました。
既存と今回計画の建築は構造が異なるため、エキスパンションをとりつつ、 その存在を分からないようデザインしています。


設計コンセプトのスケッチ

 細長い敷地を店舗から既存の住まいをどのように繋ぐのか、
太陽を導くように南側に開く間取り動線を検討している初期スケッチ

  
  

                 協力:iemadoα 撮影:土居政則

  

 

画面のトップへ戻る