■Notice
 当サイトのコンテンツに
記載された内容及び画像等を
運営者に許可なく無断で複写、
複製、転載することはお断り
願います。
 
 

Vカーポートを考えるV


 カーポートやガレージは家づくりでは後回しにされがちですが、敷地に存在するもの
すべてがその人の"家”を構成する要素と捕らえ、周囲の景観を考え一体感をもって
デザインしたいものです。


 

case.1  ≪ex.駒ヶ根市 Kさんの住まい

建築と一体のカーポート
写真左:薄い庇の鉄骨造のカーポート。
写真右:屋根のおさまり、全体のバランスを模型で確認。


case.2  ≪ex.丘水庵

外部塀とともに計画されたガレージ
ガレージ屋根は沿道沿いの景観に配慮して屋上緑化。


case.3  ≪ex.LANCIAと住まう家

愛車を眺めるガレージ
   写真左:リビングからガレージのLANCIAを眺める。
   写真右:愛車が出迎える楽しい玄関

 

     

case.4  ≪ex.西浜の家

コンクリート造のガレージ
敷地の高低差を生かして、1階にガレージを設けています。
りんごの収穫時期には作業スペースとしても利用。


 

     

case.5  ≪ex.松尾の住まい

建築と一体にデザインされたガレージ
建築部分の外壁とガレージの外壁を同じ仕上げにして
一体感を与えました。


 

  
 

V建築と庭廻りの外構を考えるV


 住まいを外から眺めるにも、家の中から窓を眺めるにも、植栽があるのか、
ないかは大きな違いです。 特に住宅密集地でも木の1本があることで
住む上での心の潤いが変わるものです。 住まいと植栽を大切にしましょう。

 

case.1  ≪ex.守破離 -歴史と現代の接点に建つ家- 

建築に囲まれた中庭
敷地に残る古井戸はそのままに、中庭を計画し、
シンボルツリーに、お施主さんと探した山紅葉を植えました。
 


case.2  ≪ex.丘水庵

植栽と溶け込む建築に
   写真左:敷地の中央に残っていた松はそのまま新しい建築に引き継がれました。
   写真中:アプローチの植栽
   写真右:和室へと向かうアプローチ


case.3  ≪ex.三本柳東の家

コの字型プランの建築に挟まれた外部空間
玄関を入ると正面に那智黒石敷き詰められた中庭が広がります。
住まいを中庭で挟むことで距離感・領域が広がります。
 


case.4  ≪ex.西駒を望む家

半透明のスクリーンのある中庭
写真左:2階より中庭を眺める。右手が玄関、左手が浴室です。
写真右:脱衣室から中庭を眺める
写真下:玄関から中庭を望む。半透明のスクリーンにより
    浴室との視線の交差を防いでいます。  

 

     

case.5  ≪ex.米沢の家 修景計画

シンボルツリーの植えられた玄関アプローチ
   敷地中央に植えられたシンボルツリーに導かれながら
   玄関へとアプローチします。
 


 

case.6  ≪ex.ホームシアターを楽しむ住まい

お施主さん自ら、手を入れられた庭まわり
建築は完成して終わりではなく、そこに住む人により 彩られ成長していきたいものです。
 

 

     

case.7  ≪ex.光を繋ぐ家

住まいの修景を施した住まいの庭とアプローチ
かつての面影を残しつつ、建築の改修に合わせ、
玄関庭とアプローチを整えました。
      
 

 

  

more case...