■Notice
 当サイトのコンテンツに
記載された内容及び画像等を
運営者に許可なく無断で複写、
複製、転載することはお断り
願います。
 
 

V子供部屋の実例紹介V


 住まいで子供部屋を考える時、子供部屋の人数や性別はもちろん、子供の成長に合わせて
適度なプライバシーの確保を考慮する必要や将来子供が巣立った時の部屋の使い方も考えておく
必要もあるでしょう。
 片倉隆幸建築研究室では子供部屋の設計プランで子供部屋を可変できるプランをお勧め
しています。 区切った時に一部屋が4〜5畳程度の広さを確保し、子供の小さいうちは大きな
ワンルームとして使い、ある程度成長したら間仕切りをして部屋を分割。 将来巣立った時には、
再度ワンルームに戻し、両親の趣味室としても使える子供部屋を提案しています。

 

case.1  ≪ex.LANCIAと住まう家

壁を挟んで2分割になる子供部屋
  ベットの壁には扉が組み込まれています。 扉を引き出せばすぐに2部屋に模様替え。
  部屋に合わせてシンプルなベットや机も設計しています。


case.2  ≪ex.駒ヶ根市 Kさんの住まい

赤いHRヒーターのある子供部屋
  部屋の中央にある赤いHRヒーターは格子状で子供部屋を緩やかに間仕切ります。


case.3  ≪ex.北大出の住まい

造り付けのデスクある子供部屋
  部屋の間取りに合わせた家具を組み込むことで部屋を効率的に利用できるようになります。
  子供部屋の壁は痛みがちなり易いので合板を張っています。

 

     

case.4  ≪ex.大町の住まい

勾配天井の子供部屋
ベット、デスクにロフトを作り付けて子供部屋を使い心地良く。


 

case.5  ≪ex.守破離 -歴史と現代の接点に建つ家-

改修された住まいの子供部屋
  旧家の名残の残る黒い木部が天井面から見えます。


  
 

Vロフト収納のすすめV


 子供の成長や進学などで何かと荷物のあふれがちな子供部屋・・・
おもちゃに勉強道具、学校の授業で作った作品などなど思い出の詰まった物は増え続け、
荷物の収納場所にお困りになっていませんか?
 
 解決策として子供部屋に ロフト を設けるプランがおすすめです。
普通は天井としてしまう小屋裏のスペースにロフトを設けることで、新たな収納空間として
利用できます。 またハシゴを使って登るロフトスペースは子供たちの秘密基地になったり、
ホビースペースとして使ったり、多目的に使えるでしょう。

 

case.1  ≪ex.LANCIAと住まう家

2階ホール上にあるロフト
  子供部屋のハシゴで登るロフトは子供たちの楽しい遊び場。
  天井にトップライトを取り付け、ロフトの床を乳白色のアクリル板としているので
  トップライトの光がホールまで広がります。


 

case.2  ≪ex.高森の家

吹き抜けに設けたロフト
  ロフトは法規上の制約で最高でも1.4mの高さまでしか
  確保できませんので、大人は屈んで歩くことになりますが、
  広さが十分に取れれば荷物置き場のスペースに使うには
  勿体無いような楽しいスペースになることも。

 

     

case.3  ≪ex.宗賀の家

ハシゴを掛けて登るロフト
  将来、子供部屋を分割しても使えるようにハシゴを
  2本用意しました。

 

case.4  ≪ex.オープンデッキの家

子供部屋のロフト
  ロフトは2つの子供室と繋がっています。
  ロフトに高窓をとり、床は明かりを通すように乳白色のアクリル板としています。


  

more case...

 

  
  

 

   画面のトップへ戻る